東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

スタッフブログ

関東リーグ参入戦1日目取材後記

[投稿日] 2018.2.7


こんにちは!FutsalStyle折橋です。

4日(日)に関東リーグ参入戦1日目が開催されて、折橋が栃木県県北体育館へ取材に行ってきました!取材途中ではFutsalStyleの群馬県情報を更新して下さっている新井さんが速報を代わってくれました~。ありがとうございます!

東京都の代表は2年前にはBRBが、去年は町田アスピランチと2年連続で関東参入を決めたなか、今季の美少年倶楽部は山梨県代表のプログレスに惜敗したものの美少年らしいプレーは存分に発揮したのかなと思います。個人的にはエース・大高が怪我なく万全の状態だったら、脅威だったかなと…。来年もこの舞台に立てるように、頑張ってほしいですね!

怪我といえば…。

順天堂大学ガジルの大型ピヴォ・大塚さんは初戦のフェニックス戦で2ゴールと奮闘し勝利に貢献しましたが、2戦目の烏天狗戦では、おそらく悪化してしまったのか、両膝ともテーピングをぐるぐる巻きにしていましたが、結局試合には出れず。ガジルは5番山下や30番杉尾など個人技が高い選手が多く、タレントが揃っていただけに万全だったら大学チームの関東リーグの可能性もあったかもしれませんね。

久しぶりに元気なプレーを見せてくれたのが、フェニックスの日永田。府中サテ時代に関東リーグ参入戦で昇格を経験。その後、Fリーグ・府中アスレでプレーした後に、今はフットサルブランド・LUZ e SOMBRAで働きながらこのチームでプレーしています。やはり技術の高さは際立ってました。

Fリーグやクラウドでプレーしていたチーニョとバンフ東京やタイリーグなどでプレーしていたアドリアーノが加入しチーム力を上げてきていた群馬県代表のBFC/KOWA 群馬。去年同様に、フットサルに対し熱力があるチームだなと感心しました。2戦目のプログレス戦で残り8秒で同点に追いついたものの、PK戦で惜しくも敗戦。ゴレイロ山田さんや10番八高さんなど、いい選手も多いのですが、関東参入戦はなかなか勝ち上がるのが難しいですね。

その他にも掲載したい、好選手が多いのですが、載せきれません。(泣)

強豪がひしめき合う関東参入戦のなかで、2日目に駒を進めたのは埼玉県代表の烏天狗と山梨県代表のプログレス。

烏天狗は言わずと知れた埼玉県の強豪。何年も関東参入戦に挑み続けて、あと1つ勝てば悲願の関東リーグ参入のところまできました。一方のプログレスはフュンフや武田消毒の元メンバーを中心に集まり今季から山梨県リーグ参戦。初年度でここまで勝ち上がってきました。去年の参入戦でフュンフが関東リーグから去ったことで、現在関東リーグに所属している山梨県のチームがないので、山梨県のフットサル普及のためにも今季で参入を決めてほしいですね。

今週末も折橋が会場まで向かいます!烏天狗もプログレスもベストを尽くして頑張ってほしいです!

 

おり

 

 




« 一覧に戻る
スタッフブログ
イベント募集情報
サッカーフットサルユニフォームのFCゴレイロ
viver
スポーツ合コンといえばベストパートナー
フットサルスタイル旧サイト
Futsal Baton Project フットサルバトンプロジェクト