東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル
  • HOME
  • 地域リーグ情報
  • 【関東女子リーグ第6節インタビュー】バルドラール浦安ラス・ボニータス13番 阿部 真美

地域リーグ情報

【関東女子リーグ第6節インタビュー】バルドラール浦安ラス・ボニータス13番 阿部 真美

[投稿日] 2016.9.12


AC2A3649

「デレッテッテテぴぃちゃ~ん」
試合を大きく左右した3点目をカットインから鮮やかに阿部が決めると、待ってましたとばかりにサポーター席から大きな声援が飛んだ。
そのぴぃちゃんこと阿部はこの試合でも大活躍。2点目は阿部のシュートのチャンスから江川が決め、4点目も左サイドからの切れ味鋭いカットインから流した(本人曰く、ドリブルが大きくなってしまったとのこと)パスを多田が決めるなど、自身のゴールも含め、3得点に絡み、浦安の勝利に大きく貢献した。

元々、フットサル日本女子代表として世界大会に出場するなど、国際舞台でも活躍した実力者であり、今季も開幕から3試合連続ゴールを挙げるなど、そのキレはますます冴え渡る。

その阿部は今季の目標として、リーグ戦、全日本選手権、地域チャンピオンシップ、そして今季からスタートする日本女子フットサルリーグ優勝の4冠を掲げた。もちろん1つ獲るだけでも凄いことなのだが、全部獲りに行く。阿部を含めた浦安の戦いを見ているとそれが可能であるかのように思えてきた。

「全試合、私もそうだし、みんなが取るのもそうだし、得点に絡むのが目標です」
試合ごとに“ぴぃちゃ~んコール”が鳴り響く時こそ、浦安の勝利の証。今後の阿部の活躍もさることながら、浦安が4冠を達成するのか。これからのラスボニにも目が離せなくなりそうだ。

AC2A2706

試合後、この試合でゴールを決め、浦安の勝利に貢献した阿部に話を聞いた。

舘野 まず勝利おめでとうございます!!

阿部 ありがとうございます。

舘野 今回、エストレーラ相手に5対1で勝利ということでここに一言お願いします!!

阿部 前節(カフリンガボーイズ)引き分けで終わってもんもんとしていたので、やっぱり勝った方が…(舘野 そうですよね)試合終わった感も勝った方が嬉しいので、勝てて良かったです。

舘野 ありがとうございます。今、関東女子リーグが連戦が続いているなかで、エストレーラ川口との戦いに向けて、何かチームで取り組んできたこととかはありましたか?

阿部 相手の守備が2-1-1だったので、そこをどう崩すかという練習は試合と試合との間が1週間しかなかったのですが、そこは徹底してやってきました。

舘野 かしこまりました。では簡単に試合を振り返りたいのですが、まず、どちらかというと試合出足というのはラスボニの方が優位な展開で4番の方(四井)がすぐにゴールを決めてくれましたよね。(阿部 そうそう)その後、2点目が阿部さんが打ったところを…。

阿部 いろいろみんなが詰めてくれて。

舘野 9番の方がドーンと決めてゴール。たぶん前にフウガにいらっしゃった方ですよね。江川選手。(阿部 そうそう江川さんは)これで2対0になった時にこの時点で圧勝な感じになりましたか?

阿部 いやー、でもやっぱり何が起こるかわからないので、全然そういう考えはなかったです。

舘野 かしこまりました。その後、一旦は試合が落ち着きましたが、前半終盤に阿部さんがカットインから豪快にシュートで3点目。

阿部 そうですね。左サイドのスペースにいたら、江川さんからいいボールが来たので、そこを打ちやすいようにして蹴っただけですね。

AC2A3349

舘野 なんか阿部さんが決めた後に“ぴぃちゃん”、“ぴぃちゃんゴール”みたいな声がサポーターの皆さんから聞こえてきましたが…。

阿部 そうなんです。

舘野 さっき資料を確認したら、愛称で呼ばれてるみたいですね。(阿部 そうなんですよ)。なんか親しみがあって、良いですね。ただ全然、名前と掛かってないですが…。

阿部 そう全然掛かってないんですけど、前にいた県リーグのチームから言われ始めて、浦安に移籍した後も、あだ名も一緒に持ち込まれちゃって(笑)。

舘野 それはそれで覚えて頂いてすごくいいですね(笑)。失礼いたしました。前半を3対0で終えましたが、これはこの試合もうイケるになったのではないでしょうか?

阿部 いやー、そんなイケるとは思わなかったですね。何点差ついても試合が終わるまでは何が起こるかわからないし、気が抜けないので。

舘野 わかりました。後半に入っても浦安ペースで試合が進み、4点目も阿部さんがゴール前に持ち込んで、落とした所を走りこんできた多田選手が決めました。この試合、カットインからの攻撃が目立ちましたが、カットインが得意な感じなのでしょうか?

阿部 うーん、私自身は右利きなので、左からの攻撃の時はそこを狙って来たりしますし、右からの場合はそのまま突破したり、とにかく打ちやすいところに運ぶのをよくします。

舘野 ありがとうございます。その後、向こうは反撃をしてきた中で、ゴレイラの方が左サイド高い位置まで上がってきて、完全にパワープレーを仕掛けてきましたね。あれはああいう攻撃をするチームなのですかね。ゴレイラを代えるというよりはそのままゴレイラが上がって。

阿部 負けてたらそうしてきますね。もちろんチームのよって戦い方はまちまちですけども、足もとも得意というか、元々フィールドだったという噂もちらほら。

舘野 なるほど。その後にエストレーラに1点を返されたんですけども、本多選手がゴールクリアランスからパワープレー返しのシュートを決めてダメ押し。凄いゴレイラですね。

阿部 さすがとしか言いようがないですね。長年、日本代表でも活躍してましたし、本当に心強いです。

AC2A3585

舘野 本当に頼りがいがあるというか、上手いキーパーですよね。試合はそのまま5対1で浦安がエストレーラに勝利。この結果に一言お願いします。

阿部 うーん嬉しい反面、1点失点してしまったのは反省しなきゃならない部分だし、欲を言えばもっとチャンスもあったので、決める所は決めて、失点に関してもイージーなミスをなくしていかなくてはならないと思っています。

舘野 ありがとうございます。ではあと2つお聞きしますが、今度、浦安は10月に開幕する日本女子フットサルリーグに出るんですけども、そこに向けて取り組んでることはあるのでしょうか?

阿部 正直言うとそこまで、そのことに関しては取り組んでいないです。本当に目の前の戦いに集中しているのと、やっと今日で連戦が終わったんで。一息ついたらそこに対する対策も始まるでしょうし、もちろん今までの練習の積み重ねの延長にはなると思います。

舘野 ありがとうございます。では最後に今日勝ったことで浦安は2位をそのままキープして、首位フウガに肉薄します。そのリーグも含めた浦安の目標と阿部選手の目標をお願いいたします。

阿部 チームとしてまずは2年ぶりのリーグ優勝をすること。(舘野 そうです。奪還ですね)。それに選手権と地域チャンピオンシップの3つのタイトルを獲ること。あと日本女子フットサルリーグもあるので、そこも獲る(笑)。

舘野 すごいですね。4冠ですよ。

阿部 チームとしてはですね(笑)。まあ個人としては全試合、私もそうだし、みんなが取るのもそうだし、得点に絡むのが目標です。そう活躍できたらいいですね。

(ありがとうございました)

AC2A3028

文:舘野 秀行

写真:菊地 尚哉

 




« 一覧に戻る