東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

地域リーグ情報

【関東女子リーグ最終節インタビュー】SAICOLO11番 吉川 紗代

[投稿日] 2017.2.8


AC2A7977

お茶目な優勝請負人
勝てばその時点で今季の関東女子リーグの優勝チームが決まるビークス対サイコロの優勝決定戦は元フットサル女子日本代表であり、最強の優勝請負人が優勝請負人たる所以のプレーを見せる。サイコロが加藤のFKで1点をリードした7分、その優勝請負人はゴール前で鮮やかに頭で合わせゴール。結果的に決勝点となる今季7点目のゴールを決め、サイコロをリーグ2連覇に導く。その優勝請負人の名は吉川紗代。

優勝請負人といえば誰を思い浮かべるだろうか? プロ野球界で言えばソフトバンク・ホークス監督の工藤公康。2年前に監督でソフトバンクを日本一に導いたことはもちろん選手時代は西武、ダイエー(現ソフトバンク)、巨人の3球団でリーグ優勝を14回、日本一を11回成し遂げた。そしてサッカー界で言えば“規格外のモンスター”ことズラタン・イブラヒモヴィッチ。バルセロナでの優勝はもちろんセリエA三大チーム(ACミラン、ユベントス、インテル)での優勝を含め、13度のリーグ優勝に貢献。そのうち5度の得点王にも輝いている。そして今回取り上げる吉川も現所属チームのサイコロの関東女子リーグ2連覇を含め、その前に所属していたラスボニータスでの4連覇を含めると自身は6年連続で関東女子リーグの優勝に貢献したことになる。もちろんプロ野球やプロサッカーの世界と女子フットサルの世界を同じ遡上に並べて比較するのことは規模や競技人口を考えるといささか無理はあるかもしれないが、これって凄いことではないだろうか。まさに優勝請負人と言っていいだろう。
※吉川選手自身はもっと優勝していると思いますが、関東女子フットサルリーグのサイトの過去記録を参照のため、2011年度から6年間の記載とします。

インタビュー中も気さくで明るく、ファンのリクエストに応えてマスコットキャラクターを頭に乗せるなど、女子らしいお茶目な一面を見せる半面、試合では仲間に激を飛ばし、ギリギリまで勝負そしてゴールにこだわる。

「日本女子フットサルリーグが今シーズンスタートしましたが、まだプレオープンであるので、プレが取れたちゃんとした日本リーグになった時にプレーしていたい」と吉川は言う。
これからも吉川のピッチ上での雄姿やゴールを見ていたい。そう思える女子フットサル界のレジェンド。それに応えるのも優勝請負人たる所以であるから。

AC2A6841

舘野 優勝おめでとうございます!!

吉川 ありがとうございます。

舘野 まずあの2連覇ということでここに一言お願いします!!

吉川 そうですね。前期リーグでは2敗とか勝てない試合が続いて苦しくて、上位リーグが始まって盛り返したと思っても、前節引き分けてとか、まあウチらしい山あり谷ありの優勝でしたね。

舘野 最終節を迎えるまでもつれ込んだイメージはありましたけど。

吉川 そう、もつれ込みましたね。ギリギリの所で勝つという強さはあるけど、その前には決めれない。まあそれでも最後は優勝できたので、そこはよかったかなと思います。

舘野 おめでとうございます。この試合を始まる前に実質1チームは厳しかったですが、4チームとも優勝の可能性があるという状況は吉川さんから見てどのような感じですか? 厳しい、それとも楽しいとか?

吉川 いやもう楽しみでしたね。(舘野 おおっ)周りはあまり関係ないというか、勝てばいいってはっきりしていましたし、そこは意外と割り切ってました。

舘野 ありがとうございます。では試合に振り返る前に今回のビークス戦に向けてのチームでの取組等はございましたか?

吉川 そうですね。前節が後手後手に回ってしまって、ウチの前からのプレスが掛からなくなってしまって、ウチらしくない試合をしてしまったので、もう今日はアグレッシブに前から行こうと。そこだけは統一して最後にはサイコロらしく勝てればいいと思って臨みました。

舘野 ありがとうございます。では簡単にちょっとだけ試合を振り返りたいんですけども、先制したのがサイコロ。2分に加藤選手がFKを直接決めて幸先よく1点を取りました。その後に吉川さんがロングボールを頭で合わせてゴール。

吉川 そうです。ヘディングで決めました。

舘野 2対0になったのですが、その後、ビークスがタイムアウトを取ってから相手の流れが良くなったというか、こっちの流れが悪くなった。あれは何だったのですかね。タイムアウト後にビークスが戦略を変えてきたとかですかね。

吉川 うーん、なかなか向こうのプレスも激しく来ていたので、ウチが引いてしまったというのはありますよね。(舘野 なるほど)引いてしまって、相手にスペースを与えてしまって、向こうの流れになった。こっちも「もう一歩出ようもう一歩出よう」の声は飛んでたんですが、なかなかそのもう一歩が出なかったですね。

舘野 けっこうあっちはエースの吉林選手を中心にその他にも日本代表レベルがたくさんいる中で戦っていて、しかも過去に私事ながら練習取材させて頂いたのですが、3年前のエントランスリーグから再スタートする時で、その時から中心選手はほとんど変わっていない。むしろ苦労した分、成長してきたというか。

吉川 そうですね。前身のFUNレディースの頃からしのぎを削ってきたメンバーが下からスタートする時もみんな残って、同じ仲間たちでやっているので、その当時からのチームの強さも知っている私からすれば、この強さは何ら不思議ではないというか。やっぱ上手かったです。

舘野 ほんとテクニックがヤバかったですね。前半11分の吉林選手がディフェンスをドラックバックでかわしてシュートを決めるとことか、とんでもなく上手かったです。

吉川 そうですね。ほんとヤバかった。

舘野 とはいえ、そのテクニックに対抗して、ゴレイラの吉村選手を中心にギリギリまで体を寄せて、体を張ってディフェンスしていたのが印象的だったのですが、あの徹底した守備はサイコロにとっても失礼ながらウリな部分ではあるのでしょうか?

吉川 ウリなのかな(笑)どうだろ? むしろもっと前からプレスを掛けてボールを獲りたかったんだけど、相手の上手いパス回しと、ウチの体力的なものもあって、なかなか後半盛り返すまでいかない、ギリギリの所で戦っていたと思います。

 

AC2A7868
舘野 でも後半はどちらかというとサイコロのペースが続いたというか、まあ一進一退でしたけど(笑)。

吉川 そうですね。圧力感じまくってましたよ(笑)。ウチもテクニックある選手もいるので、(舘野 そうですね)そこには負けないようにしてましたけどね。

舘野 試合中盤で守備ブロックを内に絞って守っていた時間があったと思うのですが、そこからのカウンターを狙っていた部分はあったのでしょうか?

吉川 いや、引かされていた部分があったと思います。むしろ引きたくなかったし、もう少し前から行きたかった部分はあります。

舘野 あとロングボールも多用していましたが、サイコロの戦い方の一つなのでしょうか?

吉川 使いますね。キーパーのスローが抜群なんで、そこは活かさないとですね。(舘野 確かにものすごく良かったですね)私もピヴォなのでその抜群のスローを活かさないとと思ってるし、それでも今日はあんまり上手くは行かなかったかなぁ。

舘野 なるほど。試合に戻りますと、終盤ビークスがパワープレーを仕掛けて来ましたが、逆に引かずにそこをサイコロは勝負を仕掛けに行った感はありましたね。

吉川 そうですね。おそらく相手は10番(吉林選手)と5番(伊藤選手※この時はパワープレーのGK)の所でシュートなり、中にパスを入れてくると思ったので、そこは抑えようと。そこに入った時にシュートコースには入ろうは徹底しましたね。あとは行ける時はプレスを掛けようと。

舘野 確かに守り切るというよりは、最後もう1点狙いに行ってましたね。

吉川 もちろん。狙えるところは狙ってがないと。ただ引いているだけでは向こうの時間ばかりでこっちのリズムも悪くなり、その時間耐えるのもなかなか厳しいので、行くとこは行かないとと思ってました。

舘野 ありがとうございます。そのままサイコロが守り切り、2対1で勝利を収めました。結果もさることながら、すごく面白い試合でしたね。

吉川 ありがとうございます。会場もすごく盛り上がってましたね。

舘野 盛り上がりましたね。(吉川 すごく気持ち良かったです)なんかこういう試合こそTV中継とかネット放送とかして欲しいですよね(笑)。(吉川 あはは)では盛り上がってくれたお客様や応援してくれたサポーターの皆さまに一言お願いします!!

吉川 そうですね。クリスマスといういろいろイベントがある時にウチの試合を観に来ていただいて本当に嬉しかったのと、その中でいい試合ができるというのは皆さまのおかげだと思っています。いろいろな声援や盛り上がりがあったので、プレーしている私たちもすごく嬉しいですし、楽しくフットサルができたことに本当に感謝しています。

舘野 何よりでございます。では最後に関東女子リーグを2連覇したサイコロの目標と吉川さんの目標で締めたいと思います。よろしくお願いします。

吉川 リーグ戦は今日で終了しましたが、チームとしてはまだ今シーズンが終わったわけではないので、日本女子フットサルリーグ(※結果は3位)であったり、地域チャンピオンズリーグ(※結果は全国3位)など獲れるタイトルはあるからまだまだ気は抜けないです。やはり全国レベルの強いチームに関東が少し押されているので…。

舘野 そうですね。丸岡ラック、アルコイリス神戸だとか。

吉川 丸岡、アルコそうですね。そこでどうにかタイトルを獲って、関東もまだまだやるぞというのを見せたいとは思っています。

舘野 マジカッコいいっす。では最後に吉川さんの目標や夢をお願いします。

吉川 そうですね。年齢的にも上がってきて、(舘野 まだまだ行けますよ!!)試合でも最後はヘロヘロだったんですけど(笑)。日本女子フットサルリーグが今シーズンからスタートしましたが、まだプレオープンであるので、プレが取れたちゃんとした日本フットサルリーグになった時にプレーしていたいです。もちろんただ出るだけではなく、点を取ってそういうタイトルにも絡んでいくこと。それが今考えている一番身近な夢というか目標ですね。

(ありがとうございました)

AC2A7167

文:舘野 秀行

写真:菊地 尚哉




« 一覧に戻る