東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

地域リーグ情報

【関東女子リーグ入れ替え戦インタビュー】FOREST ANNEX9番 宮原 ゆかり

[投稿日] 2017.3.16


IMGP1801

IMGP1811

【関東女子リーグ入れ替え戦第2試合】

TapaZida(東京1位) 4-4 FOREST ANNEX(関東女子9位)

※引き分けのためアネックスが関東女子リーグ残留

関東女子リーグ入れ替え戦の第2試合では関東女子9位で入れ替え戦に回ったアネックスと東京都女子1部覇者で参入戦前から昇格候補に挙げられていたタパジーダが激突した。

試合は序盤、パスを回しチャンスをうかがうタパジーダに対し、引いて守るアネックスという構図のなかで、10分にタパジーダ小林のゴールで先制し、前半を1対0のタパジーダリードで折り返す。

後半に入ると、前半とは一変。打ち合いの流れに。22分にタパジーダ森の追加点で2対0とするもアネックスも反撃開始。松井、宮原のゴールで同点に追いつくと29分に宮原のヘディングシュートが決まりアネックスが逆転に成功。悲願の関東女子リーグ昇格に向けて勝利が絶対条件のタパジーダは34分に川原田、直後に紅野が決めて、4対3にし再度リードを奪うも、アネックスも意地を見せて残り1分半のところで左サイド東山の折り返しをファーで宮原が値千金のゴールを決めて、ハットトリック達成。

その後、最後の最後まで守備に徹したアネックスが試合を引き分けで終えて勝負あり。4対4の引き分けで終わったことでアネックスの関東女子リーグ残留が決定と同時に、タパジーダの関東女子リーグ昇格の夢が途絶えることとなった。シーソーゲームの緊迫した展開。選手はコートやベンチで1つのプレーに一喜一憂し全力で戦う熱気が会場を包み込み、観客を感動させる名勝負となった。

試合後、チームの勝利に大きく貢献したアネックス宮原にインタビューを決行した。宮原は小学1年生から大学1年までサッカーをプレー。今季からフットサルに転向し試行錯誤していくシーズンとなったが、今季の最後の最後で大仕事を成し遂げた。

IMGP1826

折橋 よろしくお願いします。まず今回のタパジーダ戦。本当にナイスゲームでした。

宮原 ありがとうございます。

折橋 タパジーダはよく知っている相手だと思うのですが、試合前どのような話し合いがあったのでしょうか?

宮原 相手のほうが、下のカテゴリから勝ち上がってきているということで勢いがあったのと、個々の能力が高いチームなので、あまり前へ前へ行き過ぎず、引き分けでも残留できるのでしっかり守って、急がずに楽しくプレーしようとチームで話していました。

折橋 引いて守るタパジーダに対し、序盤は攻撃が機能していなかったように感じました。あの前半の戦いを振り返ると?

宮原 攻められている時間は長かったのですが、もともと引いて守って、我慢強く戦うことを意識した戦い方でしたし、試合自体は攻められているように見えたかもしれませんが、序盤は失点しなかったですし、その後の失点もちょっとした事故みたいな失点だったので、すぐに切り替えました。

AZ3D2376
折橋 その後、前からプレスをかけ始めたときからシュートにいけるようになった印象を受けましたが、どの時間帯くらいから、攻撃のリズムを掴めてきたように思いましたか?

宮原 失点してから1度タイムアウトをとって、前プレの確認をしてました。今季、前プレをかけるDFをすることが多かったので、自分たちのフットサルを信じてやったことが、流れを呼び込んだように感じました。

折橋 後半に入って、スコアが動く試合展開に変わって、リードしたり追いつかれたり逆転されたりのなか、35分にタパジーダ13番の紅野のゴールで逆転されたのは、かなり苦しかったと思うのですが。

宮原 逆転されたのですが、試合は自分たちの流れだと信じて戦ってました。チャンスも多く作れていたので、ゴール前に走りこんでいれば、決めるチャンスはあったかなと思ったので苦しかったですが焦りはなかったですね。

折橋 そして、残り1分半くらいで終了間際に左サイド東山の折り返しを見事に押し込み、同点に追いつくことができましたが、あのゴールを振り返ると。

宮原 まず、自分が東山さんに当てたときに、東山さんはうまくキープしてくれると思っていたので、思い切ってゴール前に走りこみました。そこにいいボールが来たので自分は押し込むだけでしたね。

折橋 あのゴール決まった瞬間、嬉しさが爆発しましたね。

宮原 そうですね。泣きそうでした。時間はまだあったのですが、このまま試合が終わってくれという気持ちでした。それくらい大きなゴールでした。

折橋 そこから1分半が長く感じたと思います。もちろん引き分けでも残留決定なので、守りに入りました。

宮原 あのときは必死でした。時間がすごく長くて、時間が過ぎるのがとても遅く感じたのですが、コートにいる選手。ベンチにいた選手。今日ベンチに入れなかった選手が一致団結して、戦いました。

AZ3D2516

折橋 試合終了し、負けたタパジーダはもちろん、勝ったアネックスの選手も泣く、緊迫した試合。激戦。名勝負となったわけですが、ブザーがなった瞬間、色々な想いがあったのでは?

宮原 はい。今シーズン、大量失点して大敗してしまうことが多くて、なかなか勝てなかったんです。でもここで勝てたことが本当に大きくて、この1試合ではなくて、今シーズン全体でも一番チームが一致団結し掴むことができた勝利だったので、残留できてよかったです。

折橋 では最後に、締めの一言をお願いします。

宮原 残留し、来季も関東リーグで戦うことが決まったので、これからまた練習し来季は勝てる試合が増えるように頑張っていきたいです。自分はフットサルを始めて1年で、足りないところばかりなので、もっと上手い選手になれるように頑張っていきたいです。

(ありがとうございました)

 

 




« 一覧に戻る
イベント募集情報
キャルデラ
サッカーフットサルユニフォームのFCゴレイロ
viver
スポーツ合コンといえばベストパートナー
フットサルスタイル旧サイト
Futsal Baton Project フットサルバトンプロジェクト