東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

地域リーグ情報

【関東リーグ参入戦インタビュー】烏天狗インペリオ18番新井 庸太

[投稿日] 2018.2.10


関東リーグ参入戦の初日では埼玉県代表の烏天狗インペリオが初戦のノーボメンテ(茨城)に6対1で勝利し同日に行われた順天堂大学フットサル部GAZIL/jfc(千葉)にはPK戦で勝利し、11日(日)に開催される事実上の関東リーグ参入決定戦に駒を進めた。

1回戦のノーボメンテ戦では、互いに慎重な立ち上がりをみせたなかで前半の終了間際にノーボメンテ大槻が押し込み先制するも後半で一気にギアが上がった烏天狗が6得点と快勝した。

2戦目のガジル戦は1試合の試合展開と大きく変わって、前半で烏天狗が3点をリードする展開のなか後半で烏天狗の運動量が落ちたところをガジルが猛攻。25分にガジル山下のゴールで同点に追いつくと、30分に新井が勝ち越しのゴールを決めるも、直後にガジルの山下が2点目となるゴールを決めて再度同点に追いつき、試合はPK戦に。先行の烏天狗が4人目を蹴った9会田が決めたのに対し、ガジルは20落合が決めきれず、烏天狗が勝利し、関東リーグ参入を決めるプログレス戦に駒をすすめた。

試合後に2試合とも攻守に活躍、2試合目のガジル戦では貴重な4点目を決めた烏天狗の18番新井にインタビューを決行。

体力戦となったこの日の2試合について、話を聞いた。

折橋 2試合お疲れ様でした。まず初戦のノーボ戦からお話伺いたいのですが、前半はスローペースで試合が進みましたね。あの戦いはノーボの戦い方に烏天狗が合わせたように感じました。

新井 そうですね。初戦だったので慎重に試合に入ったのですが、ファーストセット、セカンドセットともに、相手に合わせすぎたかなと感じました。自分たちのリズムが捕まえていなかったので、前からしっかりプレスをかけていこうと話をしたところから徐々に流れがこっちに傾いたと思います。

折橋 後半の戦いはまさしくおっしゃられた通りで、流れを呼び込み得点を重ねました。

新井 烏天狗は関東リーグ参入戦は8回連続で、どのチームよりもこの舞台での経験値は高いと思っています。この試合に集中して、しっかり勝ちきることが大前提でしたが、セットでしっかり回して、体力を整えながら次の試合を見据えた戦いができたと思います。

折橋 2試合目のガジル戦は、1試合目と違ってとても走るチーム。1試合目のガジルを見たときの印象というのは?

新井 1試合目見ていた感じだと、そこまでガツガツ来ないのかなと思っていたのですが、相手も2試合目に照準を合わせてきたのか、学生チームなのでとにかく走ってきて、苦しい戦いになりました。

折橋 そのなかで前半に烏天狗が3点を先制。そこまでは理想的な試合運びでしたが、後半で一気に追いつかれました。

新井 前半はたしかにいい感じでした。一方で後半は運動量で相手が上回ってきたことで、攻め込まれてどうやってしのぐかということを考えていました。

折橋 埼玉県リーグに学生のチームがいないので、あそこまで走るチームは対戦したことがないのでは?

新井 そうですね。あそこまで走るチームはいないですね。千葉を勝ち上がってきたチームということもあり、技術も高く苦戦しました。

折橋 同点に追いつかれてから、宮田さんやゴレイロ柴田さんが負傷するアクシデントもあり、チームは満身創痍だったと思うんですよね。どのような思いでコートに立っていたのでしょうか?

新井 今年1年通して、ムードメーカーとしてやってきて、周りの選手より声を出して、セットでタイプが違うのですが、自分はコートのなかでも声を出して、目の前の選手に絶対負けないことを意識してきました。チームが苦しい時間帯でしたけど、その気持ちの部分で負けないように心がけていました。

折橋 チームの話ですが、去年まで所属していてチームの中心選手だった村田さんが去って、チームの状況も変わったのでは?

新井 そうですね。大事な選手が1枚抜けたことが大きかったのですが、若手選手が試合に出られるようになって、若い選手だけのセットで戦えるようになったことでチームとして成長できたのかなと思います。

折橋 チームとしては転換期となりましたが、チーム力としては上がったということですね?

新井 そうですね。

折橋 今回勝ち上がったことで1週間後に昇格チームを決める大事な試合があります。プログレス戦となります。

新井 プログレスに関しては、選手権で同じ日に試合があったので見ていましたが、相手どうこうではなくて、自分たちのフットサルがしっかりできるかですね。これに勝つために1年間、チームを仕上げてきたので絶対に負けられないです。

折橋 ここまで勝ち上がってきた、チームの状況というのは?

新井 リーグ戦を戦うなかで浮き沈みがあったのですが、今はチームがまとまっていていい状況です。1週間でさらにチームを仕上げて、1勝を掴みにいきたいです。

折橋 では、最後に繰り返しになる部分もありますが、意気込みをお願いします。

新井 チームを一度離れていたのですが、今年、キャプテンの宮田に誘われて復帰したんです。なのでチームにどんな形であれ貢献したいですし、今年こそ関東リーグに参入し、来年も楽しくフットサルができるように頑張ります。

(ありがとうございました)




« 一覧に戻る
イベント募集情報
PSU
サッカーフットサルユニフォームのFCゴレイロ
viver
スポーツ合コンといえばベストパートナー
フットサルスタイル旧サイト
Futsal Baton Project フットサルバトンプロジェクト