東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

地域リーグ情報

【関東参入戦インタビュー】プログレス(山梨)6番 上田 健太

[投稿日] 2018.4.13


烏天狗インペリオ(埼玉) 1-3 プログレス(山梨)

関東リーグ参入戦2日目1試合目では埼玉県代表の烏天狗と山梨県代表のプログレスが激突した。この試合で勝利したチームが自動昇格。負ければFUTUROとの入れ替え戦に回るため両チームとも気合が入っていた。

試合は開始早々にプログレスの大型ピヴォの27番保坂が豪快に決めて先制に成功。試合の主導権を握ると、前半は両チームともチャンスを作りながらも決めきれず前半を1対0のプログレスリードで折り返す。

後半では26分にプログレス6番上田がドリブルシュートを決めてリードを2点に広げると、一方の烏天狗も山下のゴールで1点を返すもプログレスは35分にまたしても上田が決めてリードを再度2点差に。烏天狗は終盤にパワープレーで反撃を試みるも及ばずプログレスが勝利し関東リーグ参入を決めた。

試合後、2ゴールを決めて勝利に貢献したプログレスの上田にインタビューを決行。関東参入を決めた喜びを語ってくれた。

折橋 よろしくお願いします。関東参入戦1日目を勝ち上がり1週間空けて今日は関東リーグ参入を決める烏天狗戦。まず初戦で勝利し関東リーグ参入を決めましたが、まず率直な感想をお願いします。

上田 今日は1試合で関東リーグ参入を決めようと話していたので、勝ててよかったです。

折橋 試合内容ですが、まず開始早々に27番保坂さんが豪快に決めました。一発勝負のなか、かなりいい時間に先制点を獲ることができました。味方としてあのゴール決まったとき、どのようなことを思ったのでしょうか?

上田 うちのチームは試合の入りが良くないことが多いので、あの1点でチームが流れに乗れたことが勝因になったと思います。楽になりました。

折橋 そのあと上田さんが後半に2ゴールを決めて勝利に大きく貢献しましたね。自分のプレーに関しては?

上田 自分のプレーは今日の試合、ミスも多かったのですが大事なところで点を決められてよかったです。

折橋 相手の烏天狗。初日に試合を見ていたと思うのですが、スカウティングなどチームで共有したことというのは?

上田 うちのチームは特にスカウティングしてないですね。ただ自分たちのするべきことをしっかりやることを意識してました。

折橋 3点目となるゴールを決めた時に、2点差をつけて思わずベンチに『勝った!』と言ってしまっていましたが、あのゴールで勝利を確信した部分があったのでしょうか?

上田 あの時間帯で2点差をつけたときにパワープレーはあると思ってました。そのパワープレーの守備は1週間ずっと練習で取り組んでたので、守り切れる自信がありましたね。

折橋 この勝利で関東リーグ参入を決めました。関東のチームと対戦したこともあると思うのですが、関東のチームと対峙した印象というのは?

上田 今季は全日本選手権関東大会でマルバさんと対戦したのですが、プレーの速さが全然違くて、1つ1つのプレーの質も高い。対人でもスピードでは通用したように感じましたが、フィジカルと技術では差がありました。あのようなチームに少しでも近づけるように練習していきたいです。

折橋 では最後に、改めて昇格を決めた喜びの声をお願いします!

上田 チーム創設して1年で関東リーグに参入できると思ってなかったのですが、来季から高いレベルのリーグで1勝でも多く勝てるように頑張りながらもフットサルを楽しみたいと思います!

(ありがとうございました!)




« 一覧に戻る
イベント募集情報
サッカーフットサルユニフォームのFCゴレイロ
viver
スポーツ合コンといえばベストパートナー
フットサルスタイル旧サイト
Futsal Baton Project フットサルバトンプロジェクト