東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

地域リーグ情報

関東女子リーグ開幕戦結果

[投稿日] 2018.6.19


16日、東京ドームスポーツセンター東久留米にて関東女子リーグ開幕戦が開催された。
同日にFリーグの開幕戦や関東2部リーグの開幕など、様々なフットサルイベントが目白押しとなったが、この日ここ東久留米で行われた関東女子リーグはどの試合もほぼ満員に近い大賑わい。それに違わぬ熱戦が繰り広げられた。

その熱気を運んでくれたのは第1試合のラスボニ対府中アスレプリメイラ。ラスボニは先のAFC女子フットサル選手権で日本代表として活躍した江川、四井だけでなく伊藤、濱野など他チームのエース級も融合したドリーム布陣。そのメンバーを惜しげもなく投入するが、府中アスレの高い位置からの早めのプレスに大苦戦。6分には鎰谷にミドルを決められ先制されると、18分には島崎に押し込まれるなどで0対2。完全に出鼻を挫かれてしまった。しかし失点直後にすぐさま、江川が個人技で1点を返すと、府中アスレの前プレとショートカウンターに押し込まれる場面もあったが、37分にゴール前の混戦から濱野が蹴りこみゴール。同点に追いつき、2対2のドロー決着。雌雄は決しなかったが、オープニングマッチから激しい両チームの目まぐるしい攻防に惜しみない拍手が行われた。

第3試合では昨季の優勝チーム・フウガレディースが登場。サンキストとの開幕戦はサンキストの体を張ったマンツーマンディフェンスに苦戦。前半を0点に抑えらえる。しかし徐々にフウガが攻勢に転じ、25分に桑原が相手の連係ミスもあったが、先制ゴールを決めると、26分、29分と北隅が連続でゴールを決めて、一気にサンキストを突き放す。その後、サンキストの臼杵を中心としたカウンターに苦戦する場面もあったが、34分に勝俣がゴレイラとの1対1を決めてダメ押しの4点目。そしてAFC女子フットサル選手権の日本代表でもあるゴレイラ杉山が第2PKを2本ともセーブし、勝負あり。フウガレディースが苦戦はしたものの、4対0の完封発進。幸先良く開幕戦を勝利した。

そしてこの試合の最大の発見は第4試合のサイコロ対カフリンガボーイズの一戦。カフリンガのホームの雰囲気を立て続けに切り裂いたのは今季からサイコロに加入した筏井。11分に相手ゴール前でDFの間をかいくぐりゴールを決めると、前半終了間際にもゴールを決めて、2点目。結果、サイコロの5対0の勝利に大きく貢献する。リーグ戦優勝奪還を担う大きな戦力になりそうだ。

その他、第2試合ではビークスが今季から関東に昇格したタパジーダに篠木のゴールで先制されたもの、青山、宮崎のゴールで逆転勝利。優勝に向けて好発進を遂げた。

結果は以下の通り。

【試合結果】
6月16日(土) 東京ドームスポーツセンター東久留米

バルドラール浦安ラス・ボニータス 2-2 府中アスレティックFCプリメイラ

VEEX TOKYO Ladies 2-1 TapaZida

フウガドールすみだレディース 4-0 the sunkisst

カフリンガボーイズ東久留米 0-5 さいたまSAICOLO

【順位表】

1位 SAITAMA SAICOLO 勝ち点3/試合数1/得失点差5

2位 フウガドールすみだレディース 3/1/4

3位 VEEX TOKYO Ladies 3/2/1

4位 バルドラール浦安ラス・ボニータス 1/1/0

4位 府中アスレティックFCプリメイラ 1/1/0

6位 FOREST ANNEX 0/0/0

7位 TapaZida 0/1/-1

8位 the sunkisst 0/1/-4

9位 カフリンガボーイズ東久留米 0/1/-5

文:舘野 秀行

写真:菊地 尚哉




« 一覧に戻る
イベント募集情報
PSU
サッカーフットサルユニフォームのFCゴレイロ
viver
スポーツ合コンといえばベストパートナー
フットサルスタイル旧サイト
Futsal Baton Project フットサルバトンプロジェクト