東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル
  • HOME
  • 地域リーグ情報
  • 【関東女子リーグ開幕戦インタビュー】フウガドールすみだレディース13番 北隅 春菜

地域リーグ情報

【関東女子リーグ開幕戦インタビュー】フウガドールすみだレディース13番 北隅 春菜

[投稿日] 2018.9.5


「今季から、というか去年の最後くらいからですけど、元々は後ろ目の選手だったんですけど、前でプレーする選手に変わりました」とは北隅のインタビューでの話。
昨季、関東女子リーグを初めて制したフウガレディースにはエース勝俣と金子(由)という強力なツートップがいる。ただ東京都女子リーグの時代からずっとダブルエースのような形でやってきて、攻撃パターンは研究され続け、マークも年々厳しくなっているのも事実。そんな中でのチームの縁の下の力持ち的存在の北隅の前線での起用は大きな掛けでもあり、新たなチャレンジと言っていいだろう。

そんな中、開幕戦で北隅はヘディングでのゴールを含め、2ゴールを挙げ、サンキスト戦の勝利に貢献。第8節が終わった段階ではリーグ戦6ゴールで得点ランキング2位に付け、フウガレディースの連覇に向けて大きく貢献している。

目標を「関東リーグ10ゴールです」と応えた北隅。達成まであと4点。いやそれどころか初の得点王も視野に入れてきそうな勢い。関東女子リーグは中盤戦を迎えたが、フウガの連覇に向けて、ますます北隅のプレーに注目が集まることは間違いない。

舘野 まずは開幕戦、勝利おめでとうございます!!

北隅 ありがとうございます。

舘野 今日は北隅さんが大事な開幕戦で2ゴール。ここに一言おねがいします。

北隅 2ゴールの事ですか!? (舘野 はい、2点を決めたという事で…)今季から、というか去年の最後くらいからですけど、元々は後ろ目の選手だったんですけど、前でプレーする選手に変わりました。

舘野 おお、そうですね。

北隅 ゴール近くでプレーをする頻度が増えた事で、ゴールができたのかな? っという単純な考えです。特にそんなに深い考えはないです(笑)。(舘野 あはは(笑))ただイメージとして描いていたゴールはあったんですけど、それとは違う形のゴールだったので、まあラッキーでした。

舘野 なるほど。わかりました。では話を変えますが、今日の開幕戦でサンキストと当たるにあたって準備してきた事や対策等はあったのでしょうか?

北隅 うーん正直、全然情報が無くて。まあ開幕戦だし、サンキストに限らずどのチームも新しくなってるじゃないですか。(舘野 そうですね)だから相手の対策というよりは自分たちのフットサルをやる事に徹しました。

舘野 ちなみに試合前に昨季の優勝チームの重圧というか、プレッシャーはありましたか?

北隅 いやもう、新しいチームになって挑戦者という気持ちで臨んでるので、プレッシャーとか優勝した驕りはないです。

舘野 わかりました。では簡単に試合を振り返ると、前半は0対0のスコアレスで終わりました。(北隅 はい)なんかサンキストの戦い方が変わったというか、ディフェンスが厳しかったですね。

北隅 まあそうですね。

舘野 シュートコースを消されちゃったり、最後まで足を出してきたりとか、すごく体を張っていたので、フウガとしても思うような攻撃ができなかったですね。

北隅 こちらとしてもなかなか良い状態は作れなかったですね。

舘野 そんな中、前半を受けてフウガとしても後半はこうして行こうとというのはあったのでしょうか?

北隅 まあ相手のディフェンスにてこずった部分もありますけど、私たちとしては自分たちのフットサルをすることが大事だったので、いくつかのやり方がある中でどう崩すか、相手の出方を見ていた部分もありましたね。ただ前でボールが収まらなかった部分や厚みのある攻撃ができなかったことは反省というか、相手のディフェンスが厳しかったですね。

舘野 ありがとうございます。とはいえ後半はフウガが攻勢を掛けます。25分に相手の連係ミスがあったとはいえ、桑原選手のゴールが決まり、フウガが先制。(北隅 はい)その後、北隅さんのゴールが決まるわけですけども、1点目ってヘディングシュートでしたっけ?

北隅 はい、キックインからのヘディングシュートですね。(舘野 やっぱそうですよね)キックインから味方がわかっていてくれて、足元にスペースがなかったので、浮かしてくれてそれを頭で合わせました。

舘野 ああ凄い!! なるほど。そういう事だったんですね。(北隅 そう。ちょうどファーにいた時に合わせてくれたんです)そういえば、前半も同じような形で惜しいゴールがありましたよね。

北隅 それも同じ21番から(舘野 勝俣さんから)サイドからのパスをファーで合わせたものです。

舘野 ありましたよね。ドーンと良いシュートが栗原さんに止められたのが。

北隅 それも決めていればなんですけど(笑)。

舘野 まあまあ(笑)。ナイスゴールでした。その後、相手も攻撃的になっていたので、そのカウンターのような形で長谷川選手の折り返しを合わせてゴール。(北隅 いえ、CKです)あっ、コーナーキックですね。1発目(最初の止められたシュート)も似たような感じだったので。

北隅 そう、コーナーキックになる前も、21番からの折り返しをファー詰めで行ったけど、ゴールが
生まれなくて。それがマイボールで、それをまた折り返しですね。

舘野 解説すいません(笑)。いる所にいるから決められるんですよ。その後、4点目を取った辺りからいつの間にかファールが加算してましたね。

北隅 まあちょっと勢いづいちゃって。アグレッシブに行った所をファール取られちゃったり、少しアフター気味に行った所をキーパーにぶつかっちゃったヤツとか。もちろん故意ではないんですけど…。

舘野 確かに栗原さんが倒れている場面はありましたね。ただその後に杉山さんが第2PKを2本抑えましたね。

北隅 はい、あの場面で良く抑えてくれました。まあ試合の進め方もそうですけど、徐々に点を取って、ファールも溜まってたじゃないですか。(舘野 まあそうですね)だからこそリスクをかけないような試合の進め方という意味では少しづづ身に着けては来てると思うんですけど、まあ第2PKは余計でしたけどね。

舘野 わかりました。4対0でフウガレディースがサンキストから完封勝利を収めました。(北隅 はい)ではあといくつかお話をお聞きします。まず今季のフウガレディースですが、高橋選手が今日対戦したサンキストに移籍しましたが、とは言ってもそんなにメンバー自体は大きく変わってないですね。

北隅 そうですね。4人抜けて、4人入った感じですかね。ただその中でもお休みをしていたメンバーもいたので、実質抜けたのは2人くらいですね。

舘野 なるほど。では今季の連覇に向けてウリというのはあるのでしょうか? もちろん北隅さんのピヴォというのも大きな試みですが。

北隅 やっぱ自分の所でピヴォとして勝負したいところですね。自分の形で反転シュートとか狙ってみたいし、ゴールを奪っていきたい。まあウリというよりはウリにしていきたいですね。

舘野 ありがとうございます。ではあと2つほど。今回関東女子リーグと並行しているわけではないですが、ロシアW杯が行われています(※インタビュー当時。今回もメッシやクリロナとかも出ていますが、北隅さん的には参考にしている選手はいますか?

北隅 そうですね。誰がというわけではないですが、やっぱ点を取る選手というのは精神力という部分の強さが関わってくると思うので、プレーもそうだけど、点を取れるストライカーには憧れもありますし、そういう意味で注目しては見てます。

舘野 わかりました。では最後になりますが、今季のチームの目標と北隅さんの目標で締めたいと思います。

北隅 今季の目標は関東リーグ連覇!! 全日本選手権優勝!! 地域チャンピオンズリーグ優勝です。

舘野 3冠ですね。北隅さんの目標でお願いします。

北隅 はい、関東リーグ10ゴールです。

(ありがとうございました)

文:舘野 秀行

写真:菊地 尚哉




« 一覧に戻る
イベント募集情報
PSU
サッカーフットサルユニフォームのFCゴレイロ
viver
スポーツ合コンといえばベストパートナー
フットサルスタイル旧サイト
Futsal Baton Project フットサルバトンプロジェクト