東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

地域リーグ情報

関東女子リーグ第9節結果

[投稿日] 2018.10.21


20日、常総市水海道総合体育館にて関東女子リーグ第9節が開催された。

今節は前期リーグ最終日。優勝争い、残留争いはもちろん、結果次第では後期上位リーグ進出の可能性を残していたチームの活躍が目立った。

初戦の2位VEEXと4位サイコロの一戦は後半途中まで1対1とスコア、内容共に競った試合となったが、サイコロは26分に左サイドで受けた安のシュートが決まり勝ち越しに成功すると、VEEXはパワープレーを開始するも終了間際に秋田谷がこの試合2点目のゴールを決めて勝負あり。サイコロは優勝争いをするVEEXに勝利し後期リーグに弾みをつけた。一方のVEEXは優勝に向けて手痛い黒星となった。

2戦目の6位タパジーダと8位サンキストの試合は、両者ともにパスを繋ぎながら相手ゴールに攻め込む試合展開のなか、前半はタパジーダ松尾、サンキスト栗原の両ゴレイラの好セーブもありゴールが生まれずスコアレスで折り返す。後半では上位リーグ進出に勝ち点3が必要なタパジーダがパワープレーを決行すると37分にタパジーダ柴田がゴール前でのこぼれ球を押し込み先制。それが決勝ゴールとなりタパジーダが勝利し、この試合終了時点で後期上位リーグ進出圏内の5位に浮上した。

3試合目のカフリンガボーイズと最下位に沈むアネックスの試合は、前の試合でタパジーダが勝利したことで暫定6位に後退。5位に順位を戻すために勝ち点3が必要なカフリンガボーイズが猛攻。2分に楠のゴールを皮切りに33分までに4対0に。反撃に出たいアネックスは後半途中に主力の東山が相手選手との接触で負傷するアクシデントもあり1点止まり。カフリンガボーイズが勝利したことでタパジーダを抜き去り自力で後期上位リーグ進出を決め、同時にタパジーダの後期下位リーグが決まった。

この日の最終試合、首位を走るフウガレディースと7位ラスボニが激突。この日の試合で一番球際が激しい試合となったが、そんななかフウガレディースは10分にカウンターからゴール正面で受けた池田が冷静にゴールに流し込み先制。13分には左前で受けた勝俣が追加点を挙げて2対0で折り返す。後半では23分にラスボニ多田が1点を返すもフウガレディースは30分に池田、直後に横山が決めて4対1に。その後ラスボニも38分に左サイド江川の強烈な折り返しをファーで伊藤が滑り込みながらどんぴしゃりと合わせ1点を返すも及ばずフウガレディースが勝利。サイコロに敗戦を喫したVEEXを引き離し、前期リーグを単独首位で終えた。対するラスボニはタレントを揃えながらも7位と不本意な結果に。後期下位リーグでの爆発に期待したい。

試合結果は以下の通り。

【試合結果】

10月20日(土)常総市水海道総合体育館

さいたまSAICOLO 3-1 VEEX TOKYO Ladies

TapaZida 1-0 the sunkisst

FOREST ANNEX 1-4 カフリンガボーイズ東久留米

フウガドールすみだレディース  4-2 バルドラール浦安ラス・ボニータス

【順位表】

1位 フウガドールすみだレディース 勝ち点21/試合数8/得失点差14

2位 VEEX TOKYO Ladies 18/8/9

3位 さいたまSAICOLO 15/8/13

4位 府中アスレティックFCプリメイラ 13/8/2

5位 カフリンガボーイズ東久留米 12/8/0

—————-上位・下位リーグライン—————-

6位 TapaZida 10/8/0

7位 バルドラール浦安ラス・ボニータス 7/8/-5

8位 the sunkisst 4/8/-15

9位 FOREST ANNEX 4/8/-18

 




« 一覧に戻る
イベント募集情報
PSU
サッカーフットサルユニフォームのFCゴレイロ
viver
スポーツ合コンといえばベストパートナー
フットサルスタイル旧サイト
Futsal Baton Project フットサルバトンプロジェクト