東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

関東圏フットサル情報

第22回関東フットサルリーグ参入戦1日目結果

[投稿日] 2020.2.22


本日、埼玉県のウイングハット春日部にて関東リーグ参入戦の1日目が開催され、今年も1回戦から熱い戦いが繰り広げられた。

初戦、関東リーグ復帰を狙うノーボメンテと地元・AOHの一戦は一発勝負という舞台からか前半こそ両者ともに思い通りのプレーが出来ていなかったように思えるが後半、AOHは青木と我妻のゴールでノーボメンテを引き離しAOHが勝利。

2戦目ではFCクラッキが開始早々からアグレッシブな攻守でAlla vitaの立ち上がりに襲いかかり、3分に志村(彰)が16分に志村(亮)が決めて2点を先制。対するAlla vitaも前半終了間際にパワープレーから市川が押し込み1点を返し前半を2対1のクラッキリードで折り返す。後半ではAlla vitaの好ゴレイロ山田のセーブが安定したことでチームに流れを呼び込むと24分に八高のゴールで同点に追いつくも、28分にクラッキは吉岡のゴールで勝ち越したリードを最後まで守り切り、初戦を突破した。

今大会最注目の栃木シティとウラスタの一戦は4分にウラスタがCKから千葉のゴールで先制したことで面白い試合展開に。だが、“スター軍団”栃木シティはその後篠崎とダニエルのゴールで前半のうちに逆転。後半でも篠崎、ボラのゴールで一時リードを3点に広げた栃木シティがウラスタに快勝。

注目の東京vs神奈川対決。美少年とフェニックスの一戦は前半こそ、独特な雰囲気のなか思い通りのプレーが出来ていない印象を受けたが、後半では美少年のエース・大高のゴールで試合の均衡を破ると、一方のフェニックスも24分に中川のヘディングシュートが決まって同点に追いつく。その後徐々に運動量が落ちていった美少年に対し、フェニックスは34分に新部の逆転ゴールでチームが勢いに乗ると、その後パワープレー絡みのゴールで2点を追加。結果、1対4でフェニックスが勝利した。

試合結果と今後の日程は以下の通り。

【1日目の試合結果】

2月22日(土)ウイングハット春日部(埼玉県)

ノーボメンテ(茨城) 0-2 AOH(埼玉)

FCクラッキ(山梨) 3-2 Alla vita sport Gunma(群馬)

栃木シティフットサルクラブ(栃木) 4-2 TOMMY / uLA.Sta FUTSAL(千葉)

美少年倶楽部(東京) 1-4 フェニックス横浜(神奈川)

【2日目以降の試合日程】

《2日目》

2月23日(日)ウイングハット春日部

⑤15:40 AOH(埼玉) vs FCクラッキ(山梨)

⑥17:20 栃木シティフットサルクラブ(栃木) vs フェニックス横浜(神奈川)

《最終日》

3月1日(日)ウイングハット春日部

13:20 ⑤の勝者 vs VELDADEIRO/W.F.(関東2部11位)

15:00 ⑥の勝者 vs プログレス甲府(関東2部12位)

写真:菊地 尚哉




« 一覧に戻る
イベント募集情報
mosh
PSU
サッカーフットサルユニフォームのFCゴレイロ
スポーツ合コンといえばベストパートナー
フットサルスタイル旧サイト
Futsal Baton Project フットサルバトンプロジェクト