東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル
  • HOME
  • イベント記事
  • 【東京都女子学生リーグインタビュー】東京工学院専門学校11番木村 えりか

過去のイベント記事

【東京都女子学生リーグインタビュー】東京工学院専門学校11番木村 えりか

[投稿日] 2015.1.16


IMGP9638

4日に第2節を迎えた東京都女子学生リーグ。東京工学院専門学校は今大会、唯一の専門学校からの参戦となっていて、高い個人技で開幕4連勝とリーグを引っ張る存在となっている。今節では勢いにのる東京工学院専門学校の木村に話を聞いた。

折橋 お疲れさまです。まず、このリーグが開幕し2日目を迎えて東京工学院は開幕4連勝で首位。ここまでを振り返ってみての感想をお願いします。

木村 4試合振り返って、実際そこまで活動はできてなかったのですが、試合の日が近づいてくると、ピリピリはしないのですが、目標である優勝を出し切ろうと思って取り組んでいます。

折橋 今日の2試合目はアルフォート相手に今季初めて負けている状態で折り返しました。そのときの心境というのは?

木村 1点とか2点とか先に取られると、個々が負けず嫌いな人が揃っているので逆にやる気が出ました。

折橋 結果、後半ゴールがたくさん決まり逆転勝利することができました。どの時点で勝利を確信したのでしょうか?

木村 自分は1点を決めて追いついた時点で、流れが変わったと確信したので、逆転できてよかったです。

折橋 今季からこのカテゴリのリーグを立ち上げて、実施させていただいているのですが、このような機会をどのように感じているのでしょうか?

木村 専門学校の試合は相手が同じ専門学校で大学生と試合をすることがないので、いい機会になってます。

折橋 普段の専門学校の大会の頻度は?

木村 年に2回、夏と冬にワンデー大会が1回づつです。女子は5~6チームが参加しています。

折橋 最後に目標をお願いします。

木村 今回のチームでは自分1人がこの大会をもって引退するのですが、それだけに優勝したいという気持ちは強いです。頑張ります。

(ありがとうございました)

IMGP9282
木村 えりか
東京都出身。サッカーは幼稚園から小学校までと東久留米総合高校で3年間プレーし、このチームではキャプテンとしてチームを牽引している。




« 一覧に戻る