東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

過去のイベント記事

第1回FutsalStyleリーグチャンピオン大会結果!

[投稿日] 2017.5.2


640

30日、ミズノフットサルプラザ味の素にて第1回FutsalStyleリーグチャンピオン大会を開催させて頂きました!

春らしい日差し、天気にも恵まれ今回は14チームのチームが集い熾烈な戦いが行われ、FutsalStyleチャンピオン大会は各リーグで優秀な結果を残したチーム同士の熱い戦いのほかに、普段戦わないチームとの交流という意味合いがありました。

全ての選手が全力を出し切ったなかで、楽しく真剣に。そして激しい戦いのなかで誰も大きな怪我をすることなく終わることができました。

そのなかで大会の結果では優勝したのはFutsalstyle大学リーグの王者・多摩大学フットサル部。決勝戦では2点ビハインドを追いつき、PK戦で勝利。多摩大学の意地を感じることができた決勝戦でした。

多摩大学フットサル部の皆さま、おめでとうございます!

次回のFutsalStyleリーグは各地6月開幕予定で、チャンピオン大会は11月開催予定です。

ぜひ、またチャンピオン大会でお会いしましょう!!!今回参加することができなったチームは次回ぜひお越しください!FutsalStyleリーグを戦っていないチームはぜひ参戦お待ちしてます!

試合結果は以下の通りです。

【試合結果】

4月30日(日)ミズノフットサルプラザ味の素

[グループ予選]

《グループA結果》

AZ3D9432

FS TAITO 0-3 FC ドゥバンセ

FC マンデー 1-0 sala

FS TAITO 2-2 FC マンデー

FC ドゥバンセ 0-0 sala

FC ドゥバンセ 0-6 FC マンデー

FS TAITO 2-0 sala

《グループA順位》

1位 FC マンデー 勝ち点7/得点9/失点2/得失点差+7

2位 FS TAITO 4/4/5/-1

3位 FC ドゥバンセ 4/3/6/-3

4位 sala 1/0/3/-3

グループAではクエスト味の素リーグ2位のFCマンデーが2勝1分でこのグループを突破。両国リーグ王者・FS TAITOは初戦で唯一マンデーと引き分けるも、初戦のドゥバンセ戦での敗戦が足かせとなった。個々の能力が高いドゥバンセはマンデー戦で守備が崩壊し惜しくもグループリーグを突破することはできなかった。salaはチャンピオン大会の洗礼を食らうこととなった。

《グループB結果》

AZ3D9379

多摩大学フットサル部 0-0 加藤ファルコンズ

FC Squalo 1-1 FREVO

多摩大学フットサル部 4-0 FC Squalo

加藤ファルコンズ 3-0 FREVO

多摩大学フットサル部 2-0 FREVO

加藤ファルコンズ 2-0 FC Squalo

《グループB順位》

1位 多摩大学フットサル部 勝ち点7/得点6/失点0/得失点差+6

2位 加藤ファルコンズ 7/5/0/+5

3位 FREVO 1/1/6/-5

4位 FC Squalo 1/1/7/-6

このグループは結果として多摩大学と加藤ファルコンズの2強。加藤ファルコンズは初戦の多摩大学戦で引き分けに持ち込み、その他2試合を完勝し多摩大学とFREVOの結果待ちに。多摩大学はFREVOの堅守に阻まれ苦しい試合展開のなか、試合終了間際に第2PKをしっかり決めたことで、得失点差で加藤ファルコンズを上回り、このグループを突破。加藤ファルコンズは負けることなく予選敗退と悔いが残る結果に。

《グループC結果》

AZ3D9333

千住フットサルクラブ 0-1 慶應エルレイナ

慶應エルレイナ 0-2 AIR T

千住フットサルクラブ 1-0 AIR T

千住フットサルクラブ 3-2 慶應エルレイナ

慶應エルレイナ 0-1 AIR T

千住フットサルクラブ 4-1 AIR T

《グループC順位》

1位 千住フットサルクラブ 勝ち点9/得点8/失点4/得失点差+4

2位 AIR T 9/4/5/-1

3位 慶應エルレイナ 3/3/6/-3

グループCでは初戦の千住FCvs慶應で慶應が勝利し千住リーグ王者・千住FCが窮地に立たされたが、その後千住が本領発揮。3連勝できっちり首位突破する結果に。AIRTは千住FCとのグループ首位決定戦で1対4と敗戦して散った。慶應は大学チームながら初戦白星を飾るなど見せ場をつくるも接戦を拾えず3位に沈む結果に。

《グループD結果》

AZ3D9513

Folgorare 4-3 ABEILLE

Folgorare 1-1 荒川FC

荒川FC 1-1 ABEILLE

Folgorare 2-4 ABEILLE

Folgorare 2-1 荒川FC

荒川FC 0-1 ABEILLE

《順位表》

1位 ABEILLE 勝ち点7/得点9/失点9/得失点差+2

2位 Folgorare 7/0/0/0

3位 荒川FC 2/3/5/-2

大接戦となったグループD。多摩リーグ王者・Folgorare、両国リーグを制覇した経験がある荒川FCにアベイルが激突し、このリーグでは2勝1分でアベイルが突破した。Folgorareはアベイルと勝ち点こそ並んだが得失点差2でグループ突破を逃した。荒川は接戦で競り負け、実力が拮抗したグループDの餌食に。

[決勝トーナメント]

《準決勝》

AZ3D9538

AZ3D9565

FC マンデー 2-0 千住フットサルクラブ

多摩大学フットサル部 6-1 ABEILLE

決勝トーナメントでは勝ち上がり勢いをつけた4チームが激突。準決勝では試合をこなすごとに調子を上げていった多摩大学がアベイルから6ゴールで快勝。一方のマンデーvs千住FCは実力伯仲の対戦のなかでマンデーが2対0で勝利し決勝進出した。

《決勝》

AZ3D9637
FC マンデー 3-3(PK1-2) 多摩大学フットサル部

決勝ではマンデーが2点を先制し試合を優位に運ぶも、多摩大は後半で2点差を追いつきPK戦へ。2本をバーに当ててしまったマンデー。一方の多摩大が2人がしっかり決めて、多摩大学が勝利。第1回FutsalStyleリーグチャンピオン大会は多摩大学フットサル部が制した。

IMGP2026
優勝 多摩大学フットサル部

IMGP2033
準優勝 FC マンデー




« 一覧に戻る
イベント募集情報
キャルデラ
フットサルポイント
サッカーフットサルユニフォームのFCゴレイロ
viver
スポーツ合コンといえばベストパートナー
フットサルスタイル旧サイト
Futsal Baton Project フットサルバトンプロジェクト