東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

東京都フットサル情報

【リーグ総括】BRB/TANTALUS FUTSAL CLUB vs 情熱ロンリネス

[投稿日] 2014.11.11


CIMG5274

CIMG5276

BRB/TANTALUS FUTSAL CLUB 3-4 情熱ロンリネス

《得点者》
1分 直井 (BRB/TANTALUS FUTSAL CLUB)
9分 原口 (情熱ロンリネス)
11分 竹内 (BRB/TANTALUS FUTSAL CLUB)
21分 原口 (情熱ロンリネス)
31分 柏瀬 (情熱ロンリネス)
33分 柏瀬 (情熱ロンリネス)
39分 竹川 (BRB/TANTALUS FUTSAL CLUB)

《シュート数》
BRB/TANTALUS FUTSAL CLUB 竹川7、畑佐4、直井3、小杉3、岡田2、中田2、竹内2、金島1、佐々木1、坪野1

情熱ロンリネス 平子10、原口5、小林5、柏瀬4、下地4、土屋3、川島2、井上1

《ファール数》
BRB/TANTALUS FUTSAL CLUB 前半3 後半3

情熱ロンリネス 前半5 後半2

【戦評】柏瀬の2ゴールでBRBに逆転勝利!! 天王山は情熱が制す!!

首位・情熱対2位・BRBの頂上対決が早くも実現した。
昨季は勝った方が優勝という中、7対1でBRBが優勝が勝利し、優勝を決めた。今季はまだ両チームとも残り試合を多く残しての対戦。とはいえもっとも優勝戦に近いカードと言っていいだろう。勝敗は如何に。

先制したのはBRB。開始早々に左サイドでボールを受けた中田がシュートフェイクから中に折り返し、そのボールに直井がダイレクトで合わせゴール。BRBが昨季同様に幸先よく点を挙げる。しかし情熱はその1失点をすぐに切り替え、激しい前プレと常にセカンドボールを取ってからの速攻という形で自分たちのペースに持ち込む。すると6分にっはピヴォの位置にいる小林がパスカットからシュート。ポストに弾かれると8分には前線でボールを奪ったボールを繋ぎ、原口がシュートするも、ゴールラインで畑佐にクリアされるが、決定的なチャンスを作る。そして9分、情熱は右サイドでボールを奪った原口がシュート。それが決まり情熱が同点に追いつく。同点に追いつかれたBRBはタイムアウトで気持ちを落ち着けると11分に右キックインからのパスを受けた竹内がシュート。一旦は弾かれたものの、そのこぼれ球を自ら決めれゴール。再びBRBが勝ち越す。その後、14分には竹川が竹川がゴール前でダイレクトボレー。そのこぼれ球に畑佐がシュートを放てば、17分位には情熱、柏瀬が前線でボールを奪い、シュート。ポストに弾かれるなど両チームの一進一退の攻防が続く。すると情熱が5ファール。一旦、ひるんだチャンスにBRBは小杉がヘディングシュート。ゴールと思われたが、土屋がライン上で間一髪クリアする。一つのミスがどう転ぶかわからない首位決戦はBRBが1点リードで前半を折り返す。

後半も一進一退。BRBがポゼッションで攻撃を展開し、情熱はシンプルにピヴォにボールを集める。すると21分に情熱が混戦からセグンドで原口が押し込みゴール。またも同点い追いつく。 情熱はフィクソの土屋がBRBのパスを弾き返し、そこから攻め上がり攻勢。25分に情熱はゴール前でFK獲得。セットプレーから原口がシュートを放つと、27分にはゴール前でボールを受けた平子がシュート。ゴールを脅かす。するとその情熱の流れから31分に平子が中央からシュート。そのクリアボールが浮いたところに柏瀬がヘディングシュート。それが決まり、情熱がついに逆転する。こうなると情熱の勢いは止まらない。続く33分にはカウンターから左サイドを突破した柏瀬がミドルシュート。それが決まり情熱が逆に引き離す。BRBにとって柏瀬は昨季の対戦ではいなかった“想定外の選手”、かつ昨季までのフットサル界にはいなかったフットボーラ―でもある。その柏瀬にとっても今季情熱に加入し、コンスタントに活躍しているが、首位決戦での2ゴールは格別だろう。話を試合に戻すと、BRBはゴレイロを加藤から斉藤に交代。井上、平子、柏瀬の速攻からシュートをセーブすると、徐々にBRBに流れが傾く。すると39分にCKからのパスに竹川がボレー。それが決まりBRBが1点差に詰め寄り、その後も直井、竹内が攻勢を仕掛けるも、2点を返すにはあまりも時間がなかった。

4対3。情熱が柏瀬、原口の2ゴールずつの活躍で、BRBとの首位決戦を制し、開幕から7連勝!! 都1部制覇どころか全勝優勝を見えてきた。

 

この試合、勝利を決める2ゴールを挙げた柏瀬に試合後インタビューを敢行した。

IMG_5793

舘野 お疲れ様です。今日の勝利おめでとうございます。

柏瀬 ありがとうございます。

舘野 まず今日の勝利の感想をお願いいたします。

柏瀬 ええっとー、今日の試合を迎えるに当たって、けが人とかも多くてレギュラーの人とかも何人か来れなかったので、そういう人たちの為に踏ん張って、勝とうと決めていたので正直、勝てて良かったです。

舘野 ありがとうございます。では試合を振り返りたいのですが、まず前半すぐにBRBが先制して、そのままBRBが優勢な展開が続きましたね。

柏瀬 まあ前半に関しては、0対1でも0対2でもスコアは良かったんですけど、後半からは絶対に“走り勝とう!!”と思いました。

舘野 走り勝つ!?

柏瀬 チームでもそう言うプランを考えていて、前半は相手にやりたいことをやらせていても、後半は相手が少し足が止まってきたんで、そっからみんなで攻め続けたことが勝てたと思っています。

舘野 なるほど。今回の情熱の勝因は柏瀬選手がおっしゃった通り、走り勝ったこととセカンドボールを常に情熱がキープしたことが大きいと思うんですね。そのボールから柏瀬選手の2ゴールが生まれた…。

柏瀬 そうですね。決勝点はボールを持った時にゴレイロの位置が見えていたので、その間を打ちました。1点目に関してはボレーを決めましたけど、まあがむしゃらに触れば入るかなーと思って蹴りました。

舘野 ありがとうございます。話は変わりますが、柏瀬選手は今季、情熱に加入したと思うのですが、都リーグではどのカテゴリーでも柏瀬選手の名前を聞いたことがないのですが、昨季はどちらのチームでプレーしていたのですか?

柏瀬 フットサル1年目なんです!! もともとはサッカーで流通経済大学でプレーしていました。大学のサッカー部を辞めた後、どこかで蹴ろうとした時に、大学でも一緒だった三浦孝太(前情熱)に誘われて今年からここで頑張ろうと。

舘野 どうですか、情熱の雰囲気は?

柏瀬 最高ですね。本当にやりやすいです。

舘野 では最後に今日、BRBを破ったことで首位を堅守しました。その結果を受けてのチームの目標と柏瀬選手の目標を教えてください。

柏瀬 チームとしては今年、関東参入戦に行くことです。そのためにこのまま勝って優勝したい。個人としては、まだまだフットサルに関しては勉強中なので、とりあえず迷惑を掛けないようにチームの力になりたいと思っています。

(ありがとうございました)

IMG_6659
※ プレー写真は都1部第2節のものを使用

文:舘野 秀行

写真:菊地 尚哉(柏瀬の写真のみ)




« 一覧に戻る
イベント募集情報
mosh
PSU
サッカーフットサルユニフォームのFCゴレイロ
スポーツ合コンといえばベストパートナー
フットサルスタイル旧サイト
Futsal Baton Project フットサルバトンプロジェクト