東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

東京都フットサル情報

【リーグ総括】SANPACHIO FUTSAL CLUB vs DIVERTIDO八王子

[投稿日] 2014.11.11


 

IMG_5802

IMG_5803

SANPACHIO FUTSAL CLUB 3-1 DIVERTIDO八王子

《得点者》
10分 飯塚 (SANPACHIO FUTSAL CLUB)
26分 杉村 (SANPACHIO FUTSAL CLUB)
34分 杉村 (SANPACHIO FUTSAL CLUB)
36分 沖村 (DIVERTIDO八王子)

 《シュート数》
SANPACHIO FUTSAL CLUB 土屋5、本多5、小出5、杉村3、飯塚2、鯰江2、紅谷2、宿村2、鈴木1、飯野1

DIVERTIDO八王子 岸本4、町田3、上林2、三代1、沖村1、小村1、萩原1、橋本1

《ファール数》
SANPACHIO FUTSAL CLUB 前半1 後半5

DIVERTIDO八王子 前半4 後半4

 

【戦評】サンパチオが杉村の2ゴールで突き放し、八王子の反撃を振り切る!!

3位サンパチオと7位八王子の一戦。
八王子はFリ―グでも活躍した沖村リカルドと岸本が先発。随所に往年の輝きを見せるかのようなドリブルやパスを見せる。しかし八王子に勝るとも劣らない個人技を持つサンパチオは八王子が攻撃に人数を掛けた隙を突く。5分に左サイドから駆け上がった本多がダイナミックなボレーを枠内に放つと、長短なパスからサンパチオが攻勢を仕掛け、10分にワイドなパス交換から鯰江のパスを受けた飯塚がシュート。それが決まりサンパチオが先制する。なおもサンパチオは八王子に真っ向から個人技で対抗。かつ八王子の連係ミスを素早く攻撃に代える。宿村、鈴木がそのチャンスからシュートを放てば、13分にカウンターから土屋がゴレイロと1対1という決定的な場面を作る。シュートは惜しくもゴレイロに止められたものの、追加点の機運が高まる。しかし八王子も下がり気味だった岸本がボールをキープすると逆襲。15分に巧みなパス交換から中央でボールを受けたその岸本がシュートを枠内に放つと、18分にはカウンターから上林がゴレイロをかわし、ドリブルでゴール前まで持ち込むが、ドリブルが大きくなりボールが離れたところを飯野がクリア。難を逃れたところで前半終了。1対0。サンパチオペースというよりは八王子のいい所をサンパチオの個人技が消していたのが印象的だった。

後半もサンパチオペースは変わらない。開始早々に本多がオーバーヘッシュートを放つと、22分には土屋が背中越しでゴール前でボールを受け、振り向きざまシュートをするなど、決定的な場面を作る。すると24分には八王子ゴレイロ・コルドバが飛び出しでの反則からレットカードで退場。完全に流れがサンパチオのものになる。数的優位になったサンパチオは怒涛の攻撃。本多、紅谷が高位置から決定的なシュートを幾度も放つが、代わって入ったゴレイロ山崎がスーパーセーブを連発。難を逃れたかに思われたが、
数的不利が終わる数秒前にサンパチオは八王子陣内でのパス交換からDFを翻弄し、空いたところに杉村がシュート。それが決まりサンパチオが追加点を挙げる。その後もサンパチオ優勢は続き、八王子のお株を奪う立体的なパス交換から20増田が肩で押し込むシュートを放つと33分に左サイドを突破した鯰江の折り返しに杉村がドンピシャで合わせゴール。サンパチオがついに3点目を挙げる。その後、八王子もパワープレーで対抗し、36分にはパワープレーの分厚い攻撃から中央で落としのパスを受けた沖村が豪快に蹴り込む。八王子が1点を返すも、八王子のパワープレーのに本多をトップに上げて、前プレでパワープレーに対応するなどのサンパチオディフェンスを攻略できず、そのままタイムアップ。3対1。サンパチオが八王子を下し、またも2位に浮上した。

 

試合後、この日2ゴールを挙げた杉村選手にお話を聞いた。

IMG_6434

舘野 今日の勝利おめでとうございます。

杉村 ありがとうございます。

舘野 まず今日の試合を振り返利たいのですが、どちらかというと最初は八王子ペースでしたが、途中からサンパチオが積極的に仕掛けて、主導権を握りましたね。

杉村 そうですね、やはり相手は岸本選手とかシニーニャなど技術の高い選手が多いので、経験では勝てないと思い、やはり引いて守って、奪ったら縦に速いボールを入れるという部分がこの試合では上手くハマったかなと思っています。

舘野 そんな中、鯰江選手の折り返しに杉村選手が合わせて追加点を挙げると、今度は杉村選手が単独で決めてダメ押しゴールを決めましたね。

杉村 そうですね。チームの中でも僕と鯰江はスピードがある方なので、やはり走るということ、切り替えの速さがチームの中でも一つの武器でもあります。だからあーいったファー詰めはサンパチオらしいというか、僕と鯰江らしいゴールといえますね。

舘野 なるほど。

杉村 少し流れを言うと。いつも鯰江のパスはわりと雑なんですけど、こんなお客さんが来てくれた舞台だからこそ、1度しかないプレーが出ましたね。まあたまには彼を誉めていおかないとね(笑)。

舘野 ありがとうございます(笑)。その後、八王子がパワープレーを仕掛けてきましたが、対策はありましたか?

杉村 そうですね。ある程度、決まりごとはありますけど、基本的には前からプレッシャーを掛けて、ボールを奪えば、すぐゴールを狙うを考えています。

舘野 一番身長の大きい本多選手をトップに置いたのはそのためですか?

杉村 うーん、流れの中でああなったのかな? まあアバウト差もサンパチオの味ですから。

舘野 ありがとうございます。この試合の大きな部分として、サンパチオは八王子のスキルに真正面から技術で対抗しましたね。

杉村 そうですね。最終的には個の1対1というか、まあ個人的な能力が勝負を分けると思うんですね。やはり技術があって初めて積極的に仕掛けられるものと思いますし、それを一人ひとりがしっかり出せたことがこのような結果になったと思っています。

舘野 ありがとうございます。この勝利で2位に返り咲きました。サンパチオは消化試合数が多いですが、まだまだ優勝のチャンスは多分にありますね。

杉村 優勝かぁ~、うーん…ここ2シーズンくらいは安定した都1部残留を最低限の目標として、楽しくをベースに取り組んでますので、その中で結果がついて来ればいいなと思っています。

舘野 では最後に都1部も終盤に差し掛かっていますが、チームの目標と杉村選手の目標を教えてください。

杉村 やっぱ。万能型の選手になりたい!! (舘野 ここにきてですか(笑))シュート良し、パス良しの。チームの目標としては先保も言いましたが、まず楽しむ。そして都リーグを最後まで盛り上げる。それで優勝も含め最高の結果がだせればいいなと思います。

 

IMG_6307

(ありがとうございました)

 

文:舘野 秀行

写真:菊地 尚哉




« 一覧に戻る