東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

東京都フットサル情報

【試合総括】フウガドールすみだバッファローズ vs LEYENDA TAMA Futsal Club

[投稿日] 2015.2.20


IMGP6338

IMGP6332

 フウガドールすみだバッファローズ 7-0  LEYENDA TAMA Futsal Club
 
 《得点者》
1分 丹野(フウガドールすみだバッファローズ)
7分 柳澤 (フウガドールすみだバッファローズ)
11分 上村( フウガドールすみだバッファローズ)
20分 神尾 (フウガドールすみだバッファローズ)
25分 柳澤 (フウガドールすみだバッファローズ)
27分 岡崎 (フウガドールすみだバッファローズ)
28分 上村 (フウガドールすみだバッファローズ)

《シュート数》

フウガドールすみだバッファローズ 丹野10、青山7、上村6、神尾3、柳澤3、岡崎3、阿部3、清水(誠)2、宗像2、外川1、栗本1

LEYENDA TAMA Futsal Club 細川7、足立7、江戸3、村本3、荒木1

《ファール数》
フウガドールすみだバッファローズ 前半3 後半1

LEYENDA TAMA Futsal Club 前半2 後半2

試合の様子はこちらで

http://www.futsalstyle.com/decision/2015-02-10/1360/

東京都2部第11節の第1試合。4位から逆転で1部昇格するために負けられないフウガとすでに残留を決めているレジェンダの一戦。

リーグ後半戦ではチームが完成され、強さを発揮するフウガバッファローズ。この試合でも開始早々に右サイドからの折り返しを丹野が押し込み先制に成功する。その後も7分に柳澤、11分に上村が決めて前半を3対0で折り返す。

後半に入ってもフウガバッファローズが一方的な試合展開をみせる。

20分に左CKの折り返しをファーサイドで神尾のボレーシュートが決まりリードを広げると、その後も攻め続け計7ゴールで守ってもゴレイロ岸がレジェンダの攻撃を無失点に抑え快勝。自力での1部昇格の可能性はないが、東京都リーグ屈指のチームの高さを見せつけた試合となった。

試合後、フウガドールすみだバッファローズの須賀監督に話を聞いた。

 IMGP6459

折橋 よろしくお願いします。まず、今日のレジェンダ戦、どのようなことを考えて臨んだのでしょうか?

須賀 そうですね。レジェンダ多摩は経験豊富な選手が多くて、僕らがフットサルを始めたころからやってる方がたくさんいて臭いところを知っているという印象のチームで、うちのチームは若いチームなので、噛み合っちゃうんじゃないかな。と思っていて、「厳しい試合になるよ」と言って、試合に入ったのですが、“予想以上”といったら選手に失礼かもしれませんが、今季色々なチームと対戦させてもらったことによって引き出しが増えたなと感じました。たくさんゴールが生まれてよかったなと思います。

折橋 今年のリーグの順位と選手権の結果を踏まえて今季はどのようなシーズンになったかと思っているのでしょうか?

須賀 リーグ戦が主戦場になると思っているので、そういった意味で現状厳しい状況となっているのですが、彼らのポテンシャルだったらもう少し上の順位に持っていって上げたかったなというのが感想なので、監督である僕の責任が1つあるんじゃないかなと思って反省してます。

IMGP6425

折橋 今季は新加入選手も多かったように思えるのですが、この1年で成長した部分は?

須賀 2部に昇格して、DFの約束事だったり決まりごと、個人戦術を踏まえてなのですが、1ランク、2ランク3部と違うなという印象を受けていて、一筋縄ではいかない試合が多くて、そういった試合で負けてしまったのですが、そういった意味でポテンシャルはあるけど引き出しがなくて勝てなかった試合があり、難しい1年になりました。ただ今の段階ではいい引き出しを持ってますし来年は慌てずに、1部昇格をしっかり狙っていくのか、他力ですが結果次第では1部昇格の可能性を残しているので、そう言った意味では来年、楽しみです。今年作った引き出しをみんなで選びながら、どんなものを出していくのか。その引き出しを作った1年としては悪くなかったかなと思います。

折橋 敗戦してしまった、世田谷、新宿、蹴球狂の3チーム。いずれも一癖あるチームですが東京都2部の印象というのは?

須賀 どのチームもDFに特徴があって、もちろんオフェンスにも特徴のある選手もいたのですが、やはりDFを崩しきれなくて、こちらのDFに対しカウンターを仕掛けてきた試合が多かったように思えます。そういったところで相手の素晴らしさがもちろんあるのですが、自分たちがこういう相手に対して、こういう試合をしようと明確なビジョンを打ち出せればよかったのですが、逆にそういった意味で世田谷さんなど長年東京都リーグでプレーしてきたチームに対して改めてリスペクトというか、僕らはまだ若いチームなので、簡単に打ち破ることは難しいかなと思いましたね。

折橋 素朴な疑問だったのですが、府中だったり町田だったり、トップチームとサテライトチームの監督は別の方が担当しベンチに座ることはこれまで、なかったことなのですが、そのスタイルに対し、須賀さんはどのようにお考えなのでしょうか?

須賀 良し悪しだと思うのですが、蹴球狂の大一番は僕はFリーグで参加できなかったので、結果的に専任の監督がいたほうが全試合見られていいかと思うのですが、選手の成長だったりトップとの繋がりだったりという意味では見ていることにメリットが生まれていることも現状なので、そういったところは難しいところなんですが、逆にいうと自分がこのセクションにいるということは下部組織というものに対し重要に思っているということですね。

(ありがとうございました)




« 一覧に戻る
イベント募集情報
mosh
PSU
サッカーフットサルユニフォームのFCゴレイロ
スポーツ合コンといえばベストパートナー
フットサルスタイル旧サイト
Futsal Baton Project フットサルバトンプロジェクト