東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

東京都フットサル情報

【全日本選手権東京都大会準々決勝インタビュー】FIRE FOX FUCHU10番 小原 聖士郎

[投稿日] 2015.12.30


IMG_2273

まさに貴公子。
どちらかと言えば気持ちや熱く力強いプレーで観客を熱狂させるファイルフォックスにあって、容姿もさることながら、エレガントかつ華麗なプレーで魅了する選手を発見した。その名は小原 聖士郎。名門の10番を背負う若きエースだ。

この試合でもその華麗さが際立った。前半4分に鮮やかなマルセイユルーレットからのシュートで先制点を挙げると指を高く突き上げ、天に感謝するようなゴールパフォーマンス。のっけから観客を魅了すると、後半にはコートに入って、ボールを受けると相手の意表を突いたミドルシュート。それがまた鮮やかに決まる。まさにこの試合は小原のショーを観に来ている感覚に陥った。

「いや、気持ちを出す選手ですよ!!」とは試合後の小原。ここにも難波田、田村佳翔、そして町田の瀬戸はたまた元日本代表の木暮 賢一郎の熱い魂が受け継がれてる。

ファイルの魂を受け継ぎ、進化させる若き貴公子。これからも彼の華麗かつ熱いプレーを会場で何度でも見たいと思ったのは僕だけではないはずだ。

IMG_1976

試合後、この試合で2ゴールを決め、ファイルフォックスの勝利に貢献した小原選手にお話を聞いた。

舘野 お疲れ様です。今日の勝利おめでとうございます!!

小原 ありがとうございます。

舘野 凄い大熱戦でした。まず先にお聞きしたいのが、今回、カテゴリーは変わりますが、同じ関東リーグ同士の戦いだったんですけども、府中サテと戦うに当たって対策等はございましたか?

小原 対策というか、同じ府中同士の対決というのに特別な思いがあって、(舘野 あっ、そうですね)あと府中からウチに来ている選手もたくさんいるので…。

舘野 9番の小又選手とかそうですね。

小原 そう、だからチームの中でも古巣に負けたくないという選手もいたりしましたし、まだ自分はその時ファイルファックスにいなかったんですけど、3年前くらいにファイルフォックスが府中サテに負けて、選手権が終わったという時もありました。

舘野 それって佳翔くん(田村※現フウガドールすみだ)がいた時ですか?

小原 そうです。あと難波田さんもいました。だからというのもありますが、その借りはここでしか返せないとみんなの中で勝ちたい!! が込み上げてました。もちろん僕もそう。というのもあって対策というよりは強い気持ちでこの試合に臨みましたね。

舘野 ありがとうございます。ちなみに府中同士ということで練習試合とかも多いのでしょうか?

小原 いや、そんなにしないですね。年に1、2回歩かないかですかね。珍しいというか久々です。

舘野 確かにリーグ戦ではやらないですからね。かしこまりました。では簡単に試合を振り返りたいのですが、1点目が前半4分にルーレットからずどんとゴール。あの普通にかっこ良かったんですけど(笑)。

小原 あはは(笑)。あんなに綺麗に決まるとは思わなかったので、気持ち良かったです。

IMG_1402

舘野 最高のゴールでしたね。その後、ファイルフォックスがトントンと2点を取って、3対0で前半を終えました。チームとしては後半もそのままイケる状態だったんですかね?

小原 うーん、この試合の前の関東リーグのFCmm戦であったり、練習試合とかでもそうですけど、前半で勝ち越してはいるんですけど、後半に巻き返されることが多かったので、ハーフタイムではこっからまたゼロの気持ちでやろうと話し合いました。

舘野 なるほど。小原選手が話された通り、府中サテが逆襲。後半早々に水田選手のシュートで1点を返されました。しかしそれまでベンチに下がっていた小原選手がコートに入って早々に右足でズドンとゴール。

小原 あれも入るとは思わなかったんですけど。

舘野 ボールを受けてすぐだったので、パスと思っていたキーパーは意表を突かれましたね。

小原 まあ気持ちでゴールを決めました。気持ち!! 気持ちですかね。

舘野 本当に気持ちが入ったゴールでした!! 試合に戻るとその後、相手もパワープレーを仕掛けて、その前にファイルフォックスは5ファールでなかなか前に出づらい状態の中、4対3まで迫られました。1点差に詰め寄られた残り5分間ってチームとしても厳しかったんじゃないでしょうか?

小原 そうですね。メンタル的にも肉体的にも…。

舘野 こういう時ってベンチにいるのもつらいですよね。どのような対処を?

小原 僕らとしては出ていてもベンチにいても一緒に戦っているのは変わらないので、相手より気持ちを全面に出すことでした。ファイルフォックスは気持ちのチームなので、最後まであきらめないで、走り切って、何が何でも勝つという気持ちを出しましたね。

舘野 実際にその気持ちの部分の強さが府中サテの猛攻をしのぎ切り、4対3でファイルフォックスが勝利を収めました。そこに一言お願いします。

小原 正直、嬉しい以上にホッとしてます。

IMG_1312

舘野 ありがとうございます。この試合、サポーターもそうですが、元ファイルフォックスのメンバーが多く見守っていました。例えば闘魂の難波田選手、岩田選手、そして町田の瀬戸選手。この日はいませんでしたが、BRBの佐藤選手も元ファイル。選手権では元ファイルフォックスの選手の多くが活躍していました。小原選手としては意識した部分はありますか?

小原 やっぱり、そのーライバル視とかではなく、尊敬できるOBというか、どこに行ってもファイルフォックスファミリーがいることに誇りを感じます。僕らもいろんな人達の歴史があって今がありますし、僕としてもそういう部分を背負ってこのチームでやらせていただいています。

舘野 なるほど。ライバル視というよりは仲間な部分が大きいのですかね。

 はい。例えば試合前には岩田まーちゃんからは「おお、頑張ってるか」って激励されたり、試合中に隣りでアップしていた瀬戸さんに関しては相手のパワープレー中に守備の指示を出してたり(笑)。本当に感謝しかないです。

舘野 すごいファミリー意識ですね。難波田ファミリーなのか、吉成ファミリーなのか。

小原 こういうのを見るとファイルフォックスっていいなぁとしみじみ思いますね。

舘野 ありがとうございます。では最後に府中サテに勝ってファイルフォックスが関東大会に駒を進めました。まずはチームの目標を教えてください。

小原 まずは明日の東京都大会に優勝して、関東大会を勝ち抜く。そしてみんなで話していた“代々木に帰りたいね”を実現したいです。

舘野 ありがとうございます。では最後に小原選手の目標を教えてください。

小原 僕としてはチームのために走って気持ちを出して戦うことです。そして今日もそうですけど、サポーターや応援してくれる皆様のために勝利で感謝を表現したい。そのためにこれからも頑張ります!!

(ありがとうございました)

IMG_1987

文:舘野 秀行

写真:菊地 尚哉




« 一覧に戻る