東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

東京都フットサル情報

AC2A82871

【東京都3部A第9節インタビュー】AOKING4番 角谷 翔

[投稿日] 2016.11.11


AC2A8789

アオキング 主力離脱からの逆襲
弊社サイトの2016.2.19日付に『東京都3部AOKINGが選手募集!!』という記事がある。
もちろん毎年のようにどのチームも選手募集はあるし、いろいろなチームが募集を掛けてくるので、シーズンオフの恒例記事といえばそれまでの話だが、都リーグの中に烏合離散のチームが多い中、独自のサイトで常にチーム情報を発信し、チームワークや家族的なファミリーで結ばれているアオキングの募集は正直、意外であった。もちろん都2部昇格や毎年好成績を収める選手権での更なる戦いを求めるためにより良い選手や若手の募集と思いきや、内情は少し違っていた。見方は色々あるが、ようするに今まで主力を張っていた重要選手がアオキングというチームから他チームに移籍したり、離れてしまったのだ。

例えば足立選手はCAMISA、島林選手はノルテ、角山選手はサンタロー、その他、岡田選手などなど、今回、インタビューした角谷選手の話では「丸々1setくらい…」という。もちろんアオキング自体は都3部に所属しているとはいえ、人気チームであり、選手権でも好成績を収める強豪。今季は残ったメンバーとサテライトチームからの昇格も含めた少数精鋭の布陣になるので、大方の見方では昇格は厳しいのではないかという話もあった。

しかし蓋を開けてみたら、リーグ戦を含め、公式戦で快進撃!! 4勝1分で迎えたハウンドトゥース戦では角谷の魂の体ごと押し込んだゴールで先制すると、大黒柱の堀口が豪快にミドルシュートを決めて、突き放す。そしてその後のハウンドトゥースの攻撃を石津、中原を中心としたゴレイロの活躍で1点に防ぎ、2対1で勝利!! ついに得失点差ながら都3部Aの首位に立った。そして選手権でも本戦1回戦にあたるプレーオフに進出。惜しくも昨季の選手権覇者・町田アスピに敗れはしたが、アオキングの強さそして粘り強さを存分に見せつけた。

AC2A8131

「(主力選手が)抜けたからと言って、去年より成績を落とすわけにはいかない。それは抜けたメンバーを見返してやりたい部分もありますし、向こうも抜けた分、恥ずかしいプレーはできないと思いますし、彼らの活躍が今の結果になっていると思います」とは角谷の言葉。角谷自身もリーグ戦で4ゴールを挙げ、抜けた選手のカバーどころかそれ以上に活躍している。もちろん今村や添田も含めて、そう。そして何より抜けたメンバーも他チームの勝利に貢献し、足立や島林も得点を挙げるなど、主力になっている。ネオにいる元アオキングの中村もしかり。彼らの活躍も含めたアオキングファミリーが今の都リーグを席巻していると言っても過言ではないだろう。

だからこそ本家のアオキングは今季絶対に2部に上がらなくてはならないし、逆境だからこそ結果を出さなくてはならない。そして角谷いや代表の堀口は言葉にこそ出してはいないが、高いステージでの戦いや結果を見せた時にわかるかもしれない。その先にはたぶんまたアオキングとしてみんなで一緒に蹴れることを夢見ている。そんな気がしてならない。


舘野 今日の勝利おめでとうございます!!

角谷 ありがとうございます。

舘野 まずハウンドトゥース戦に勝利したことにより、ついにサンタローを抜いて首位に立ちました。ここに一言お願いします。

角谷 まあ去年も2部に上がろうと思っていて、残念ながら3位で上がれなかったんですけども、(舘野 そうですね)今年はメンバーがだいぶ変ったんですけども、まあ今年こそは(都2部に)行きたいという意気込みが強いです。今季はずっと負けなしで来れて、こないだサンタローさんとの直接対決で勝ち切れなかったんで、まだどうなるかわかりませんが、暫定ながら1位になったことは嬉しいです。

舘野 ありがとうございます。すごく昨日今日とリーグ戦が過密日程の中で、アオキング的にこの2試合に向けての準備というにはあったのでしょうか?

角谷 特別なことは特に無いですね。ウチのメンバーを見れば分かる通り、登録メンバーが少ないので、その中でもベンチ入りメンバーも含め、全員が出れる準備をしていますし、出たメンバー誰が出ても遜色なくプレーできるようには日々練習から厳しく取り組んでます。あとはウチはチームワークはすごく良いので、練習後のご飯もみんなで食べて反省会をしたりとか、そういう部分が準備といえば準備です。

舘野 ありがとうございます。では簡単に試合を振り返りたいのですが、試合は序盤から拮抗した展開。しかしアオキングが主導権を握り、5分に角谷さんのパスを受けた9番の大谷選手がカットインからシュートパスに体ごと押し込んでゴール。アオキングが先制点を挙げました。

角谷 触らなくても入ったんじゃないですかね(笑)。(舘野 いやいやいや)ここ最近の試合は選手権も含めて、2点くらいは先に入るんですね。それで今日は行けるな、になるんですけど、そこから失点することが多くて、昨日のボンゴレ戦も含め、2点差くらいが一番怖いは話してましたね。

AC2A8259

舘野 試合はその後、堀口さんが個人技からゴールを決めて、その通り2対0。まるで堀口さんが出ているアオキングのYou Tube動画を見ているかのようなナイスシュートでしたね。

角谷 まあさすが安定のって感じです。ちなみに僕らも堀口さんのプレー動画を見たり、実際の練習でも一緒にやっていますが、本当にすごいです。ちなみに毎年、チームで活躍するとその動画集が貰えるので、それはモチベーションになってます。

舘野 僕もスマホには堀口さんのシュート集が入ってます(笑)。では試合に話を戻しますが、2対0で前半を折り返したのですけども、後半に向けて変更点とかはあったのでしょうか?

角谷 後半も個でさえ負けなければ、崩されないイメージが前半にはあったので、本当に1対1には負けないこと。あと最初のい立ち上がりの失点はしないようにという指示もあったので、そこだけは意識して後半に臨みました。

舘野 後半どちらかというとハウンドトゥースペース。さすがというか、去年2部にいた力を徐々に出してきましたね。(角谷 そうですね)アオキングもゴレイロを石津選手から中原選手に交代しましたが、それも含めだいぶ、ハウンドトゥースの攻撃を抑えましたね。

角谷 まあそれもそうですけど、結構ウチも決定機を逃してたんで、その決めきれない所がまだまだなのかなぁはありますね。

舘野 試合は進み、残り1分ちょいで相手に第2PKで得点を取られてしましましたが、その後はアオキングとしては守りに重きを置いたのか、それとももう1点を取りに行こうと?

角谷 時間帯も時間帯だったので、得点を取りに行くよりは守りに徹しましたね。

舘野 堀口さんだけ攻めてましたね。

角谷 そうですね。たぶん自分でミスったので。その失点を自分で取り返しに行きたかったんじゃないでしょうか。本人は少し落ち込んでたと思いますよ。

舘野 なるほど。しかし試合は相手も強かったですが、アオキングがハウンドトゥースから2対1で勝利!! これで5勝1分けで勝ち点16。サンタローと勝ち点で並びましたが、得失点で首位に立ちました。ここに一言お願いします。

角谷 やっぱり2部に上がるためには3部は圧倒して勝ちたいはあるので、全勝では無いですが、負けなしで来ていることには満足はしてるし、いいチーム状態にあると思います。あとはもう1試合延期分もKEL戦もあるので、そこも勝利して、後期リーグに負けなしで行けたらと思っています。

舘野 ありがとうございます。少し話は変わりますが、今年アオキングは昨年まで主力を張っていた選手が大量に抜けてしまった部分があると思うのですが、角谷さんは代表の堀口さんも含め、残ったメンバーでどう今季をやっていこうと思いましたか。

角谷 まあそうですね。足立さん、岡田さん、島林さんも含め、みんな1部とか2部に上手いメンバーが丸々1setくらい抜けてしまったので、正直今季は大丈夫かなぁはあったんですけど、まあ逆に昨季とは違ったアオキングとして戦えるメンバーだけで鍛えてやろうと。

舘野 少数精鋭という感じですかね。

角谷 あと今年からはサテライトチームもオープンリーグに出ているんので、サテライトで結果を出せば、トップに上がれる制度もあるので、それもあって若手メンバーもモチベーションも上がっていますし、こちらも恥ずかしくないプレーをしないといつとって代られるかわからないので。

舘野 すごく良いプレッシャーですね。

角谷 それにお互い応援だったりとか、トップがサテをはもちろんですが、昨年も含め、前にいたメンバーも応援しに来てくれたりだとか、(舘野 足立さんいましたね。)そういうのが、モチベーションにはなってますね。

舘野 それに出ていった選手が他チームでも活躍してますね。そういう意味ではアオキングのトレーニングシステムというか、培った部分は大きいのですかね。

角谷 まあそうですね。たぶんお互いとも、抜けたからと言って、去年より成績を落とすわけにはいかない。それは抜けたメンバーを見返してやりたい部分もありますし、向こうも抜けた分、恥ずかしいプレーはできないと思いますし、彼らの活躍が今の結果になっていると思います。

舘野 ネガティブな部分が多いと思いきや、すごく良い相乗効果ですね。ありがとうございます。では最後に今日組み合わせが決まった選手権も含め、アオキングの目標と角谷選手の目標を教えてください。

角谷 チームの目標は絶対条件として今季2部昇格。

舘野 そうですね。手が届く範囲まで来てますね。

角谷 それと選手権に関しては実力試しで、あわよくば町田やフウガを食ってやろうは持ってますし、闘魂が勝ち上がってるだけに、同じ3部としてアオキングをアピールしていきたい。(※結果はアオキングが堀口選手の4ゴールもあったが、町田アスピに5対4で惜しくも敗れる)そして自分の目標としては、やっぱりチームの得点源はエースの堀口さんなのかもしれませんが、今年は偏らずにみんなが得点を取れていますし、僕もリーグ戦では4得点になったので、10点を目標に頑張りたいです。

(ありがとうございました)

AC2A8287

 

文:舘野 秀行

写真:菊地 尚哉




« 一覧に戻る
イベント募集情報
フットサルポイント
サッカーフットサルユニフォームのFCゴレイロ
viver
スポーツ合コンといえばベストパートナー
フットサルスタイル旧サイト
Futsal Baton Project フットサルバトンプロジェクト
ユニバーサル・フェローズ有限会社