東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

東京都フットサル情報

【東京都2部第10節インタビュー】NEO 11番小坂 雅和

[投稿日] 2016.12.22


AC2A2475 - コピー

AC2A2480 - コピー

橙色の意地と水色の勢い

東京都2部第10節では今季の昇格争いの行方が大きく決まる一戦、首位・ネオと3位小金井ジュールが激突した。

2季ぶりに東京都1部復帰を狙うオレンジ色のユニホームの古豪・ジュールとエントリーリーグからストレートでここまで勝ち上がってきた水色のネオ。まさしく橙色の意地と水色の勢いの対峙が、フィスコフットサルアレナとしまえんを独特は雰囲気にさせた。

試合は序盤に堅守・ジュールに対し右CKの折り返しを武藤が決めて先制すると、6分には右FKを高山が豪快に決めて、2点をリードする展開。一方のジュールも9分にベテラン森山のゴールをきっかけに前半終了までに3対3で同点に追いつき、試合を折り返す。

後半に入ると、前半で2点ビハインドから見事に追いついたジュールがピヴォに入った目黒を絡めた攻撃がハマり、ネオゴールを脅かすもネオは後半からゴールマウスを守った中村が安定したセーブで守ると、ネオは創設時からチームを引っ張り続ける小坂が24分に後方からのボールをゴール前でヘッドでコースを変えて勝ち越しのゴールを決めると28分にもゴールを決めて、ネオがリードを広げジュールに勝利。

この勝利でネオは1部昇格に向けて大きな1勝。ジュールは1部昇格がかなり厳しい状況となった。

この試合は、後半途中までどちらに勝利が転がっても分からない緊迫した試合展開だった。ネオはジュールにリードを追いつかれ、依然劣勢の状況のなかで光り輝いたのは“エース小坂”。タイトなDFを一瞬外し、頭で泥臭くねじ込んだ。ネオは昨季からこの試合でもゴールを決めた武藤、高山といった若手の台頭が目立つが、それでもまだまだ小坂が健在であることを自らの手で証明した。

筆者は試合後、迷うことなく小坂にインタビューを決行。小坂はインタビューのなかでこの激戦を振り返りながらも、すでにこれからの試合を考えていた。

AC2A3223

折橋 お疲れ様でした。まず、リーグの間隔が空いて、大一番のジュール戦となりましたが、総括をお願いします。

小坂 今の順位は関係なく、2部の相手で一番強い相手でしたし、この試合で勝たないと1部への昇格はないと思っていたので、間が空いた期間、しっかりトレーニングを積んだり、選手とコミュニケーションがとれていたので、それが今日の結果に出たと思いました。

折橋 序盤の戦いについてですが、いい時間帯で得点を重ねられました。

小坂 そうですね。先制点はできるだけ早く取りたかったので、ラッキーもあって2点取れて差がついて安心した部分もあったのですが、ジュールはファーサイドもしっかり最後まで走ってくる相手で粘り強いのでその点はイメージしながら戦っていたのですが、結果追いつかれてしまったのでそこは課題ですね。

AC2A2795 - コピー

折橋 その追いつかれたとき、どの部分はチームで上手くいってなかったのでしょうか?

小坂 シンプルなことなのですが、単純なミスもそうですし、そのミスによってチームのリズムが崩れてしまったことが大きいですね。

折橋 結局、一時リードしながらも前半は3対3。追いつかれた展開で前半を終えたときの印象は?

小坂 正直、苦しかったです。1点差の試合になることは覚悟していたなかで、2点をリードして追いつかれたという結果は、メンタル的にも難しかったです。

折橋 見ていて、後半10分くらいはその雰囲気を引きずっている印象を受けました。ジュールのシンプルに前線に当ててくる攻撃にも対応しきれてなかった。

小坂 そうですね。もちろん、シンプルに当ててくることは練習からその対策を練っていたのですが、予想以上にその質が高く、苦戦していました。

折橋 一方で、ネオは縦に入るパスがなかなか合わない時間帯でしたね。

小坂 そうですね。タイミングが合わなかったこともありますし、ジュールがピヴォの前にDFを置いてきたりしていたのですが、普段通り同じことを続けようと焦りはなかったですね。

折橋 小坂さんもピヴォに入っていて、マークが激しかったなかで、後方からのボールを頭で擦るように勝ち越しゴールを決めました。一瞬DFが外れたところでしっかり決めてきましたね。

小坂 あの場面、一瞬だけマークが外れたのですが、本当にあの瞬間しか勝負できるポイントがなかったくらいいい守備だったので、結果に繋げられてよかったです。

折橋 そして、その後試合を決定づける2点目のゴールを決めましたね。

小坂 1点をリードした展開のなかで、後半からゴールを守ってくれた中村も難しい試合展開のなかでしっかり守ってくれてましたし、もう1点取って楽にしたいと思っていて、ゴールを狙ったので、決められてよかったです。そのゴールでチームも普段通りなプレーができるようになったのでよかったです。

AC2A3090 - コピー

折橋 この勝利によって、1部昇格がかなり大きくなったと思います。

小坂 このリーグは最後の1試合まで分からないと、この試合を通じて感じることができたので、ここからまた気を引き締めて頑張っていきたいですね。

折橋 では最後に、今季残り数試合となりました。昇格に向けて意気込みをお願いします!

小坂 昇格は一番の目標ではあるので勝利は重要ですが、そのなかでどれだけいい試合ができるか。来季に繋げられるような試合をしていきたいです。

(ありがとうございました)




« 一覧に戻る
イベント募集情報
mosh
PSU
サッカーフットサルユニフォームのFCゴレイロ
スポーツ合コンといえばベストパートナー
フットサルスタイル旧サイト
Futsal Baton Project フットサルバトンプロジェクト