東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

東京都フットサル情報

【全日本選手権東京都大会インタビュー】ZOTT WASEDA12番 石塚 鉄也

[投稿日] 2016.12.23


15135641_709167129232869

今大会、前の3試合とも、町田アスピランチや都3部の闘魂が勝利するなど、世間一般的に見れば下のカテゴリーが上のカテゴリーを倒すという“下剋上”の試合が多かった。そんな中で行われた第4試合の関東1部のゾット早稲田対東京都1部のフウガバッファローズの一戦。フウガバッファローズは東京都2部に所属していた2年前のこの大会の覇者。ゾット早稲田も清野監督を中心に試合前から熱さや気合いを前面に出す。その戦う情熱の権化になったのが、今季新加入の石塚。1点をリードされた後半早々には左キックインからのパスにファーポストのから詰めてゴールを奪うと、再び突き放された33分に左サイド雪島のパスを受けてシュート。それが決まり同点とし、その後、武内のゴールで勝ち越し、粘るフウガを3対2で振り切った。下剋上とか、番狂わせが、そんなのどうでもよくなるような気合いの勝利。試合後には負けた悔しさから涙を流すフウガの選手もいたが、その負けず嫌いをこの試合はゾットが上回った。

「最後には勝つぞ!!という気持ちが強いチームが勝つと思っているので、それだけだったと思います」とは試合後の石塚の弁。
その石塚がゾットの勝つ気持ちの代弁者となり2ゴールの大活躍で勝利に貢献した。それまで九州リーグや栃木県リーグと地方でフットサルを勤しんだフットサラ―が万おじして東京に上陸。まだまだ出番こそ少ないが、関東リーグのFCmm戦では決勝ゴールも決めている。「僕はチームの勝利のためにやるだけ…」とチーム和を重んじるゾット早稲田にまさにピッタリ当てはまる石塚。彼のゴールがたくさん見られた時にはゾットの初の関東制覇も現実味を帯びてくるだろう。

15151491_709167145899534_1803957418_n

舘野 まず今日の勝利おめでとうございます!!

石塚 ありがとうございます。

舘野 劇的な逆転勝利!! ここに一言お願いします!!

石塚 うーん、まあ相手も若くて勢いのあるチームだったので、(舘野 そうですね)まあ予めそれを予測して試合に臨めたことが勝利の1番の要因だったのかなと思います。

舘野 ありがとうございます。まずこの試合を迎えるにあたってフウガバッファローズが勝ち上がってきて、準々決勝で当たることが決まったわけですが、ゾットとしてフウガバッファローズに対する準備というのはあったのでしょうか?

石塚 いや、自分たちの今までやってきたことを120パーセントやるだけかなと。

舘野 相手とかの何か、例えばこの選手は警戒した方がいいとかはありましたか?

石塚 そうですね。選手の誰かというのは分からないですが、すごくピヴォに入れてくるチームなんで、そこだけは注意してしっかり戦おうはありました。

舘野 ありがとうございます。では簡単に試合を振り返ります。先制したのはフウガですが、ゾットもすぐに巻き返しますが、前半に関しては得点には至りませんでした。ただ清野監督を中心に絶対勝つぞ!! というのがヒシヒシ伝わってきました。それは試合全体に大きな影響があったのではないでしょうか?

石塚 いや、最初から勝つぞ!! という感じでしたね。だから相手に先制はされたのですが、その気持ちを監督を中心としたチーム内のゲキで耐えた部分はありますね。

舘野 そうですね。その後もし追加点を取られていたらガタガタっと崩れてしまう可能性もあった中で、その気持ちのキープは大きかったと思うのですが…。

石塚 まあそうですけど、もし点を入れられても自分たちのやることは変わらないので、そこを貫き通したかった部分はありますね。

舘野 そんな中、後半開始早々にファー詰めからゴール。あれは狙っていた形でしょうか?

石塚 そうですね。はい。一つの形ですね。

舘野 ありがとうございます。その後に相手にまた勝ち越されてイヤな予感もあったのですが、15番の選手(雪島選手)が左サイドで粘ってくれて、そのパスを受けて、石塚選手がゴールと。同点でしたが、流れがそこで大きく変わったように感じましたが…。

石塚 まあそうですね。僕もゴールを狙いに行ったので、流れは分かりませんが、正直おいしかったです(笑)。

IMGP0439
舘野 ありがとうございます(笑)。その後、7番の武内選手がゴールを決めて、3対2でフウガに勝利ということで、ここで一言いただけたら幸いです。

石塚 最後には勝つぞ!!という気持ちが強いチームが勝つと思っているので、それだけだったと思います。

舘野 あっちも気合が入っていいて、試合後には泣いてましたね。

石塚 まあ、それ以上にこっちも気持ちは入っていたし、長年、高いところで厳しい戦いをしてきた歴史やプライドもあるわけですから。

舘野 ありがとうございます。ちなみにゾットに加わる前にはどちらのチームにいらっしゃったんですか?

石塚 えっとですね。栃木県の2部の『Mカマラダス』というチームにいました。

舘野 僕も栃木県出身なのですが…(笑)。知らなかったです。

石塚 まあ新しくできたチームなので、そして今季からゾットに加入しました。

舘野 なるほど。どうですか? ゾットの雰囲気や練習環境は?

石塚 すごくいいですね。ほとんどの方が仕事との両立しながらやってるわけですが、練習からすごく良い雰囲気で、やってて楽しいです。

舘野 そういう雰囲気が今日のプレーでも出た感じでしょうか?

石塚 そうですね。ベンチの雰囲気を見てみたらわかると思いますけど、すごく生き生きしてて、本当にやりやすい。

舘野 僕自身は関東リーグの試合にはなかなか行けていないのですが、気持ちいくらいに熱くて、そして選手交代の時のハイタッチがめちゃくちゃ良いですね。初めて見た光景でしたし、すごくチームワークの良さが伝わりました。

石塚 本当ですか。そうとらえて頂けたら嬉しいです。

舘野 もちろんです。では最後になりますが、あと1回勝てば関東大会に行けるわけですけども、ゾット早稲田の目標と石塚選手の目標で締めたいと思います。

石塚 どっちも一緒なんですけども、都大会にしても、関東大会にしても優勝しかないし、僕はチームの勝利のためにやるだけしかないです。

(ありがとうございました)

IMGP0408

文・写真:舘野 秀行




« 一覧に戻る