東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

東京都フットサル情報

【東京都1部第4節インタビュー】FC NORTE2番 廣瀬 俊一郎

[投稿日] 2017.7.17


ノルテをよろしく
ノルテの守護神であり、BRBや昨季までの世田谷で見せた常勝チーム請負人を初めて見たのはいつだろうか?
Futsalstyleが本格的に都リーグの取材に参入した翌年の2012-2013年シーズンの全日本選手権l東京都大会の準々決勝の八王子戦。まだまだ大舞台の名残りがあったその試合でBRBは敗れはしたものの、的確なポディショニングと知性を感じさせるコーチングそして何よりケガを全く恐れない体を張ったセービングはまさにゴールの守護神そのもの。けっして恵まれた体格ではないものの、ゴレイロいやGKの教科書とも言える廣瀬の一挙手一投足を羨望のまなざしで見ていた。というか見とれてしまっていた。

その後もBRBで活躍していたが、都2部の新宿に移籍したと思えば、そこでも大活躍。そして世田谷の都1部昇格に合わせるように都1部に帰還。都2部の常連という位置づけだった世田谷を一気に都1部で全然戦えるチームに変えた。そして今回、昇格チーム・ノルテへの移籍である。いろんなチームに移籍する選手はたくさんいる。その中ではチームにとっても個人としても不本意に去っていく選手が多い中で、廣瀬ほどそのチームを愛し、“何か”を残していく選手はいない。だからこそ、行く先々でそのチームが強くなり、本人も守護神に納まる。そして時に静かに、かつダイナミックにチームの勝利に貢献する。

そんな中での「これからもノルテをよろしくお願いします!!」
百戦錬磨の廣瀬と新入社員ばりの初々しい言葉は相対するように見えるが、絶妙にマッチング。廣瀬の新たな挑戦に心から賞賛を送りたい。そのノルテは現時点では2勝2敗の五分。廣瀬の活躍とともに、ノルテの今後の動向にも注視していきたい。

 

舘野 今日の勝利おめでとうございます!!

廣瀬 ありがとうございます。

舘野 まず今日は3対1で勝利ということで、そこに一言お願いします!!

廣瀬 そうですね。もう僕らにとっては格上のチームと思っていたので、(舘野 格上!?)まあ僕らは今季から昇格してきたんですけども、そういうチームに勝てたという事は率直に嬉しいです。

舘野 ありがとうございます。では先程、格上とおっしゃられましたけど、今回のサンパチオ戦に対するノルテ的な対策等はあったのでしょうか?

廣瀬 ウチは監督の島(島田選手)が常に相手を分析して、そこから導き出されるオフェンス面とかディフェンス面とかの決まり事をしっかり練習や試合中とかも言ってくれるので、それに従うだけですね。あとは自分たちのフットサルをするだけと思いました。

舘野 かしこまりました。では試合を振り返りたいんですけども、まあちょっとこの試合は今季出足が良くないサンパチオがそろそろ本気を出してくるんではないかと思った中で(笑)、(廣瀬 あはは(笑))どっちかというと互角の展開でスタート。その中でも廣瀬さんのポジショニングが的確で、サンパチオのあわやのシュートをほぼ前半は完璧に止めていましたね。

廣瀬 そうですね。的確なポジショニングというよりは僕も含めて、みんな体が重い感じがして(笑)。相手も体が重そうだったから何か打つところがわかるというか(笑)。(舘野 うーん、なるほど(笑))正直言えば仲間に助けられたというか、しっかり味方が(シュートコースを)切ってくれていたので、守りやすかったですね。

舘野 そうですね。チーム内の守備の一つの約束事として、シュートコースは真ん中だけ空けて、あとはディフェンスがブロックを狭める感じにしているんでしょうか?

廣瀬 うーん、それは状況によってですね。相手選手の利き足や相手の両サイドの開き具合とかも見ながら、ディフェンスを指示している部分もあるので、特にチーム内でこうしろ、というのがあるわけではないですね。まあ試合の状況を見ながら、味方がこっちを切ったら、自分はこっちを切ろうとバランスを取りながら判断はしています。

舘野 なるほど。後半もそうなんですけど、石川選手がフィクソの位置に下がってきているって、ディフェンス面でもかなり大きかったのではないでしょうか?

廣瀬 はい、かなり大きかったですね。やはりサンパチオは前プレがしっかり来たので、そういう意味ではしっかりボールをキープできる石川選手の存在は助かりましたね。

舘野 たぶんあっちも廣瀬さんがしっかりゴールを守って、かつ石川選手が下がって来てたんで、すごい攻めあぐねたというか、なかなか攻略するのが厳しかったんじゃないでしょうか? 一本はがしでは決めれないですから。

廣瀬 そうですかね。そう思っていたんだったら嬉しいですけど。

舘野 試合も前半10分にその石川選手が決めてノルテが先制。2点目を濱野さんがファーからボレーシュートのような形で決めて追加点。そんな中で土屋さんのゴールで1点は取られたものの、後半もバンバンシュートを止めてましたね。

廣瀬 うーんどうですかね。自分の中ではそんなに評価は高くないんですけど(笑)。コンディションもあまり良い状態ではなかったので。まあほんとに周りに助けられたなと。まあ結果としてある程度、1点で抑えられたことは良かったですし、みんながディフェンスを頑張ったから勝てたと思っています。

舘野 そうですね。今日誕生日の原田さん(※取材時は6月3日)が体張ってスライディングでのカットがありましたね。

廣瀬 本当はバースディゴールを決める予定だったんですけどね(笑)。

舘野 実は期待してました(笑)。3対1で勝利ということで、これでノルテはサンパチオ、美少年という昨季の4位、5位を倒して2連勝です。ここに一言お願いします。

廣瀬 まあ最初の試合なんですけど、情熱戦があのウチはベストメンバーではなくて、今日も全然いなかったですけど。(舘野 たしかに少なかったですね)1部に上がって、正直、惨敗して。(舘野 うーん)あそこで1回まとまったことが大きかったかなと思っています。

舘野 その開幕戦のノルテと情熱を1つだけ振り返ると、ノルテは情熱に勝てるチャンスはあったと思うんですね。(廣瀬 僕も全然やれると思ってました)どちらかと言えば同じ昇格組のNEOの方がキツいんではないかと…。でも結果を見るとNEOはフウガに金星に近いドロー。一方ノルテは敗れました。開幕戦から爆発した情熱も意外でしたが…。

廣瀬 そうですね。僕らがチームとして1部にやれる前にやられてしまった。そこに尽きますね。

舘野 ただ廣瀬さん自体は昨季までいた世田谷だったり、その前にいたBRBだったりとノルテの中でも唯一というくらい1部経験が豊富というか。だからこそ、今回のような上位との対決にはその経験がノルテにとって大きいのではないでしょうか?

廣瀬 まあどうですかね。それは他の選手に聞いてみないとわからないですけど。ただ試合をやるにつれて、今日もまだロングキックとかでも合わない所など、まだまだすり合わせる部分はあったんですけど、ディフェンス面に関しては少しずつ、最初の情熱戦に比べれば良くなってきましたね。そのコミュニ―ケーションが取れ始めたことで、今回のサンパチオや美少年戦での勝利につながったと思っています。

舘野 ありがとうございます。では最後に2勝1敗(※6月3日時点)という事で巻き返しに向かうノルテの目標と廣瀬さんの目標で締めたいと思います。

廣瀬 そうですね。僕の目標としてはできるだけ失点を少なくして、ノルテの勝ちに貢献できるように頑張るという事ですね。チームとしてはやっぱり楽しく勝ち点を積み重ねる事に尽きますね。これから先も強いチームがいっぱい出てくるので、そことどこまでできるかも楽しみですし、できたら1点でも2点でも勝ち点を取って、チームとしても成長できたらと思っています。

舘野 わかりました。本当にありがとうございました。廣瀬さん自身、その他にも新宿とかいろいろなチームにいらっしゃったから、廣瀬さんを応援したらいいのか、チームを応援したらいいのか、わからない部分はありますね(笑)。

廣瀬 いや、これからもノルテをよろしくお願いします!! ノルテを応援していただけるのが、僕にとっても嬉しいですから(笑)。 

(ありがとうございました)

文:舘野 秀行

写真:菊地 尚哉




« 一覧に戻る
イベント募集情報
キャルデラ
サッカーフットサルユニフォームのFCゴレイロ
viver
スポーツ合コンといえばベストパートナー
フットサルスタイル旧サイト
Futsal Baton Project フットサルバトンプロジェクト