東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

東京都フットサル情報

東京都2部第4節結果

[投稿日] 2017.7.25


先日、立川市泉市民体育館で東京都2部第4節が行われた。
上位対決や元都1部同士の戦いが多い今節。その明暗は大きく分かれた。
第1試合では2位闘魂対3位セルサスが激突。セルサスは川崎のミドルや和田のゴールで2点を先制し、勢いに乗るが、百戦錬磨の闘魂は前半からパワープレーを仕掛けるなど、徐々に自分たちの流れを取り戻し、荻窪の個人技や川股の技ありゴールなどで同点に追いつく。その後は一進一退の中、闘魂、セルサスともに好守備を見せて、そのまま2対2でドロー。両チームとも勝ち切れなかったが、優勝候補同士の激しいせめぎ合いを十分に見せつけた。

第2試合ではDiavolo対新宿が対戦。前半こそスコアレスで終わったものの、徐々に新宿が試合のペースを手中に収め、谷口大のゴールで先制すると中里のFKからの直接ゴールが決まり、新宿が2点をもぎ取る。Diavoloも反撃に転じるが、パスは回すものの決定的な場面を作れない。そんな中、25分に清水の体を張ったゴールが決まり、ダメ押しの3点目が決まり、勝負あり。新宿がDiavoloを3対0で完封で下すとともに得心点差ながら2位に浮上した。

そして第4試合では開幕から3連勝で首位に立つジュールがBEBEと対戦。ジュールは大和地の押し込みゴールや柴の豪快なシュートなどで2点を先制したものの、ファールがかさみ、後半に藤島のゴールで1点差に詰め寄られる。その後、連続ファールで相手に2回も第2PKを与えるが、ゴレイロ山口の“迫力の仁王立ち”の前に2回とも枠を外し、勝負あり。ジュールは2対1で勝利し、開幕から4連勝で首位をがっちりキープ。一方のBEBEは不意のチャンスも含め、決定的な場面を何度作れていただけに、後々に響きそうな敗戦となった。
その他、バンフは井上、宮永の活躍などでレボリューションとの元都1部対決を4対1で制し、今季初勝利!! 十条は宮下のゴールなどで一時は3対0とリードするも、試合終盤にアオキングの佐々木の2ゴールや角谷のシュートなど怒涛の反撃に遭い、3対3のドロー。上位浮上はならなかった。
結果は以下の通り

【試合結果】

7月22日(土)立川市泉市民体育館

闘魂 2-2 Celsus Futsal

Diavolo S.P.F.C  0-3 アトレチコ新宿

BANFF TOKYO  4-1 Revolution Futsal Club

BEBE corriendo 1-2  小金井ジュール  

AOKING  3-3  十条フットサルクラブ

【順位表】

1位 小金井ジュール 勝ち点12/試合数4/得失点差7

2位 アトレチコ新宿 7/3/8

3位 闘魂 7/3/5

4位 Celsus Futsal 7/3/2

5位 LEYENDA TAMA 6/3/1

6位 BEBE corriendo 5/4/2

7位 十条フットサルクラブ 4/4/-2

8位 BANFF TOKYO 3/3/-1

9位 Revolution Futsal Club 3/4/‐3

10位 Diavolo S.P.F.C. 3/4/-6

11位 AOKING 2/4/-2

12位 FC PLEDGE 0/3/-11

 

写真:菊地 尚哉




« 一覧に戻る
イベント募集情報
サッカーフットサルユニフォームのFCゴレイロ
viver
スポーツ合コンといえばベストパートナー
フットサルスタイル旧サイト
Futsal Baton Project フットサルバトンプロジェクト