東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

東京都フットサル情報

東京都2部第7節結果

[投稿日] 2017.8.28


27日に東京都2部第7節が北区赤羽体育館で行われた。
Futsalstyleの取材陣が勝手に”真夏の赤羽大決戦”と名付けた今節は命名以上の大熱戦を展開。新しく新装された体育館内に熱戦という大きな花火や太鼓を打ち鳴らした。

もっとも注目されたカードは元都1部対決となった第3試合のジュール対Diavolo。試合はジュールが早々に鈴木のゴールで先制したが、Diavoloも意地を見せ、肥沼のファー詰め、森田の自陣からの超ロングシュートで2対1と逆転する。しかし後半は開幕から全勝と地力に勝るジュールが本領発揮。すぐに柴のゴールで同点に追いつくと、20分に目黒のゴール前への折り返しを柴がディフェンダーともつれ込みながら、押し込み、ジュールが勝ち越しゴールを決める。その後、森山のミドルシュートで追加点を挙げたジュールが4対2で勝利!! 開幕からの連勝を6に伸ばし、ついに2位との勝ち点差を5点とと突き放した。

そしてもう一つの注目カードが今季の都2部昇格チームである闘魂とアオキングの“真の昨季の都3王者決定戦”。昨季はどちらもAとBとブロックが別々だった両チームによる対戦は関係者内でもある意味、注目されたカード。しかし昇格チームながら堀口と佐々木の攻撃力と少数精鋭ながら試合ギリギリまで鍛錬を重ねるなど、圧倒的な運動量を誇るアオキングがゲームの主導権を握り、前半を2対1で折り返す。闘魂も難波田をPPキーパーにしてパワープレーを敢行。アオキングも守備一辺倒に追い込まれるが、大谷、堀口が起死回生のパワープレー返しのロングシュートを決めて勝負あり。5対1でアオキングが闘魂を破り、2連勝。逆に闘魂は昇格後、初黒星を喫し、昇格争いから一歩後退した。

その他、レジェンダが新宿を1対0で完封勝利で3位に浮上し、新宿に勝ち点でも並び、2位に肉薄。バンフはセルサスを2対1で破り、3勝3敗と星をイーブンに戻した。そして地元北区での開催となった十条は宮下や高田のシュートでBEBEを追い込むも決めきれず、逆に試合終了間際に寒河江に勝ち越しゴールを決められ万事休す。残念ながら地元の声援に勝ち星で応えることができなかった。

東京都2部はこの日で事実上の前半戦が終了。第8節の開催は11月11日と2ヵ月半後となった。順位自体が上位下位と分かれた感もあるが、大きなインターバル後もジュールがそのまま独走するのか? はたまた番狂わせが待ち構えているのか? 夏が終わり、秋を越え、冬支度へと迎える11月中旬にはまたどのようなドラマが見られるのか。今から楽しみでならない。
結果は以下の通り。

【試合結果】

8月27日(日)北区赤羽体育館

BANFF TOKYO  2-1  Celsus Futsal

BEBE corriendo  2-1  十条フットサルクラブ

Diavolo S.P.F.C. 2-4  小金井ジュール

アトレチコ新宿 0-1  LEYENDA TAMA  

闘魂 1-5 AOKING

【順位表】
1位 小金井ジュール 勝ち点18/試合数6/得失点差12

2位 アトレチコ新宿 13/6/9

3位 LEYENDA TAMA 13/6/4

4位 闘魂 11/6/3

5位 Celsus Futsal 10/6/1

6位 BEBE corriendo 9/7/2

6位 BANFF TOKYO 9/6/2

8位 AOKING 8/6/5

9位 十条フットサルクラブ 4/6/-6

10位 Diavolo S.P.F.C. 4/6/-8

11位 Revolution Futsal Club 3/6/‐8

12位 FC PLEDGE 0/5/-16

 

取材、文:舘野 秀行

写真:菊地 尚哉

 




« 一覧に戻る
イベント募集情報
PSU
サッカーフットサルユニフォームのFCゴレイロ
viver
スポーツ合コンといえばベストパートナー
フットサルスタイル旧サイト
Futsal Baton Project フットサルバトンプロジェクト