東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

東京都フットサル情報

【東京都1部第8節インタビュー】フウガすみだバッファローズ40番 垂井 斗我

[投稿日] 2017.9.30


FC NORTE 0-4 フウガすみだバッファローズ

東京都1部第8節の第5試合では3位ノルテと4位フウガバッファローズが激突した。

前半は上位同士の対決ということもあり、拮抗した試合展開のなかで両者ともチャンスこそ作るも決めきれず前半をスコアレスで終える。後半に入ると22分にフウガは右サイドで受けた垂井のシュートが決まり、先制に成功するとそのゴールで勢いに乗ったチームは三笠、大薗、山村のゴールで終わってみれば4対0。フウガがノルテに快勝した。

試合後、先制点を決めた垂井に話を聞いた。彼はまだ10代のプレーヤー。この試合では久しぶりにベンチ入りを果たし、先制点をいう結果を残したが、今後が非常に楽しみな選手である。

折橋 まずここ2試合勝ち星がないなかで、今日の試合でした。得点差をつけての勝利となりましたが、まず1試合を振り返ってください。

垂井 ここ数試合はフウガらしさを無くしていた気がしていて、この試合ではみんなで戦うことを一から見直して、最初からしっかりやっていったことで今日みたいな試合ができたように感じます。

折橋 ノルテは非常に個々の能力が高いチーム。フウガとしては対人でしっかり対応できるかというのがこの試合の肝だったように思えます。そのなかで前半はスコアレスで折り返しましたが、前半の戦いについて感想をお願いします。

垂井 対人で負けないことが大事になってくることは最初から分かっていたので、まず対人で負けないこと。そして例え抜かれてもその他ゴレイロを含めた4人がしっかりカバーにいくこと守備に関してはそこを大事に戦ってました。

折橋 一方で攻撃面ではなかなか崩せない展開のなか、前半は無得点で終わりましたね。攻撃面に関しては?

垂井 相手の情報があまりなくて、前からくるのかしっかり引いてくるのか。試合中でもどちらなのか分からない状況のなか、引いて守ってきたときはこのような攻め方、プレスをかけてきたときはこのような攻め方…。といった感じでしっかり分けて考えられていればよかったと思います。あとはなかなかシュートが枠にいかなかったというのもありましたね。

折橋 なかなかスコアが動かないなかで、貴重な先制ゴールを決めましたね。あのゴールを振り返ってください。

垂井 自分は東京都リーグは第2節で少し出ただけで、その後ベンチ外になることが多かったんです。この試合で久しぶりにベンチ入りできて、結果を出したいと思ってました。前半で1本決定機を外して後半で巻き返したいなと思っていたので、気持ちがこもったゴールを決められてよかったです。

折橋 今回のゴールで監督などにもアピールできたかと思いますが自分のプレーに関しては?

垂井 攻撃ではチャンスメイクもできたしゴールも決められたのでよかったと思うのですが、守備面では対人のところだったりで勝てない部分もあったのでこれから改善が必要かなと思います。

折橋 相手が突然、パワープレーを開始しましたがそこはチームとして想定外だったのでは?

垂井 はい。相手がパワープレーをしてくるという情報はなかったのですが、普段の練習からパワープレーの守備はしているので、さほど戸惑うことはなく、練習通り守れたのかなと思います。

折橋 後半の戦いに関しては?

垂井 後半は相手も前がかりになって攻撃してくることは分かっていたので守備に関しては警戒していました。後方からボールを蹴ってくるチームだったのでそのロングボールの対応と1対1は前半同様にカバーリングを意識していました。

折橋 ここ数試合はベンチ外だったという話を伺いましたが、その間、自身のなかで葛藤があったのでは?

垂井 はい。練習でもいいアピールができなくて、苦しい時期が続いていたのですが、その状況を変えるために人一倍声を出してみたり、自分の得意としているプレー、試合を組み立てるプレーをもう1度こだわってやった結果、今回はベンチ入りすることができましたね。

折橋 都リーグの話ですが、ここ数試合、フウガが勝利できてなかったので、自分にチャンスが来ると信じていたのでは?

垂井 はい。チームも結果が伴ってなかったので、チャンスはここだなと思っていたので、結果を出せてよかったです。

折橋 では最後に、後半戦のチームの目標。そして自身の今後の目標をお願いします。

垂井 チームとしてはここから全部勝って関東リーグ昇格。個人としてはやっと結果が伴ってきたので、ここから自分の得意なプレーの質をもっと高めていって、トップチーム昇格。そして日本代表を狙っていきたいです。

 

(ありがとうございました)

写真:菊地 尚哉

 




« 一覧に戻る
イベント募集情報
サッカーフットサルユニフォームのFCゴレイロ
viver
スポーツ合コンといえばベストパートナー
フットサルスタイル旧サイト
Futsal Baton Project フットサルバトンプロジェクト