東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

東京都フットサル情報

【東京都1部開幕戦インタビュー】小金井ジュール1番山口 隆志

[投稿日] 2018.5.5


美少年倶楽部 2-3 小金井ジュール

東京都1部開幕戦第4試合は昨季のリーグ覇者である美少年倶楽部と2部優勝で1部復帰を果たしたジュールが激突。今季はFUTUROが関東2部から降格したため開幕戦で1部リーグ覇者と2部リーグ覇者の直接対決が実現した。美少年としては初めて“昨季の覇者”として臨むシーズン。ジュールとしては久しぶりの1部の舞台での試合。両者とも様々な想いを感じながらの試合となった。

前半は美少年がシュートに行く場面が多く見られたが、リーグ屈指の堅守を誇るジュールが自陣で守りを固め、0対0のまま終了。ジュールが思惑通りに試合を進めた印象を受けた。

後半では開始早々に美少年のクリアミスを見逃さなかった細野がゴール前でボレーシュートをゴール右上に決めて先制。対する美少年も35分に左サイドからの折り返しを花田が決めて同点に追いつくと直後に亀野が決め、美少年がDFの足が止まりがちだったジュールの守備の綻びを突いて逆転に成功する。

士気が落ちたように感じたジュールだったが、38分に左サイドで受けた南がドリブルでDFをかわし放ったシュートが決まり再度同点に追いつき息を吹き返すと、38分に美少年の大高がゴール前でハンドをしてしまい得たPKをエース大和地が冷静に決めて逆転に成功。終盤、美少年はパワープレーに出るもジュールが最後まで守り切り、接戦を制した。

ジュールは2部では攻め込むことが多く守りに徹するジュールという印象はなかったが、久しぶりにジュールの1部で戦いを取材し“堅守のジュール”は今も健在だと感じた。近年の東京都リーグで守備を徹底的に鍛えるチームは少なく、そういう点でジュールは1部の他のチームと一線を画するが、チャレンジャーとして臨む今シーズン。どれだけ勝ち星を増やすことができるか。今後の戦いを見届けていきたい。

試合後、好セーブを連発した山口にこの試合や今後の1部の戦いに関して話を聞いた。

折橋 よろしくお願いします。まず小金井ジュール、久しぶりの1部の舞台。復帰戦なりましたが、駒沢体育館のコートに立った時、どのような心境でしたか?

山口 いい会場で1部の復帰戦ができるということでテンション高かったのですが、メンバーは去年とほとんど変わらなかったのでやることは去年と変えずにプレーすることを心掛けました。

折橋 相手が去年の東京都1部優勝の美少年。長らく1部にいるチームが相手だったのですが、1試合の総括をお願いします。

山口 後半の途中までは1対0でうちの流れに持ち込めました。守備を大事にするうちのチームのコンセプト通りだったのですが、そこから2点やられた後にまた攻撃のスイッチを入れて逆転できてよかったですね。

折橋 前半は粘りのフットサル、ハーフでしっかり守ってましたが0対0はジュールにとっては想定通りでしたね。

山口 はい。予定通りですね。相手はよく知っているチームだったので、プラン通りに進めることができました。試合前から2失点まではオッケーという話をしていたのですが、逆転されたことがちょっと想定外でしたが。

折橋 その失点がリーグ終盤に重なりましたが、15分ハーフの2部から20分ハーフの1部に戦いの場を移した影響もあるのでしょうか?

山口 そうですね。前半の終盤と後半の中盤でちょっと守備の集中が切れている、DFが少しズレ始めているという印象を受けました。カテゴリが上がってプレーの質も高かったので、疲労が去年の1.5倍くらいにはなってたかなと思います。ただ南の同点ゴールでまた気持ちが入って、そこからいいテンションでできたと思います。

折橋 特に美少年は強いシュートが飛んでくるチームだと思います。2部のときに比べても仕事が増えることはそれも想定内だったのでしょうか?

山口 2部よりもシュートが飛んでくることは想定していました。ただ結果としてシュートがたくさん来たほうがリズムに乗れる…決められちゃったらダメですけどね、自分としてはしっかりプレーできたかなと思います。

折橋 試合終盤に関して、パワープレー返しがいい方向に行って入ったかと思いきや、まさかのワンバウンドしてバーを直撃…。

山口 あれはボールが弾みすぎですよね。(笑) フットサルボールはそこまで弾まないはずなのですが…。いい軌道だっただけに悔しいですね。

折橋 今日の戦いを見ていて感じましたは、やっぱりジュールの居場所は1部でしたね。

山口 そうですね。1部では2部よりももっときっ抗した試合ができるので、どんな相手でも楽しみです。去年の2部の戦いできっ抗した試合で勝利を掴んで昇格できたので、去年で作り上げたチームが1部でどこまで通用するのか。まとまってますし、チームの雰囲気はいいですよ。

折橋 公式戦で1部のチームと全部戦えますが、楽しみな相手というのは?

山口 うちのチームにいた選手が移籍したチームはどこも楽しみですね。そこには負けたくないですね。サンパチオには戸木、情熱には土屋、川嵜、川島。新宿には樋渡、バッファローズには監督として冨成がいるので、やるのが楽しみです。

折橋 ジュールの今季の目標、目指すスタイルは?

山口 基本的には順位でいえば優勝目指して戦います。内容でいえば自分たちが目指しているフットサルをすること。それは相手が嫌がるフットサルです。リーグでダークホース的な存在になりたいですね。

折橋 では最後に、今年1年長いシーズンが始まりましたが抱負をお願いします。

山口 毎試合、2失点以内に抑えることがチームの目標なので、それを1年続けられれば、それなりの順位にいられるかなと思ってます。自分としてはそれを目指しますし、チームとしてはそれを基に勝利を目指して優勝を目指していければと思ってます。

(ありがとうございました)

写真:菊地 尚哉

 

 




« 一覧に戻る
イベント募集情報
PSU
サッカーフットサルユニフォームのFCゴレイロ
viver
スポーツ合コンといえばベストパートナー
フットサルスタイル旧サイト
Futsal Baton Project フットサルバトンプロジェクト