東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

東京都フットサル情報

【東京都1部第3節インタビュー】CAMISA 25番 今井 真平

[投稿日] 2018.7.16


CAMISA 5-3 FUTURO

東京都1部第3節の第3試合では開幕戦勝利のFUTUROと開幕2連敗を喫したCAMISAが激突した。

前半から積極的なプレーをみせる両者、そのなかで先制したのはCAMISA。6分に平が決めると、直後に勝俣が押し込んで2点をリード、その後FUTUROの小野寺とCAMISAの小澤が決めて前半を3対1のCAMISAリードで折り返す。

後半になると絶対的存在の上村から出るパスで徐々に攻撃のリズムを掴むFUTURO、渡辺と小野寺が決めて一時は同点に追いつくも終盤に運動量で勝ったCAMISAが終盤に篠と今井のゴールで勝ち越しに成功しCAMISAが5対3の乱打戦を制した。

試合後、5点目を決めたキャプテン・今井にインタビューを決行。今季初勝利を掴んだ感想などを聞いた。

折橋 お疲れ様でした!まず今季初勝利おめでとうございます!率直な感想をお願いします。

今井 去年はリーグの終盤まで残留争いをしていたので、今季は早い段階で勝ち点を積んでいきたいと考えていたものの開幕2連敗。3戦目でやっと勝てて、ほっとした気持ちが強いです。

折橋 相手のFUTUROは関東リーグから降格してきたチームでした。

今井 うちのベテラン選手が相手のことを知っていたので聞いていたのですが、フットサルを良く知っている人が多く、ボールを回してくることは分かっていたので、簡単に飛び込まないようにして、失点こそありましたが、最後の部分で身体を張って防いだ場面もあってよかったと思います。

折橋 立ち上がりからCAMISAがボールを回し、優位に進めていましたが前半の戦いに関して。

今井 立ち上がりから前プレをかけて、試合の流れに乗ろうとしていたなかで早い段階で先制点を決めることができましたが、その後、前プレを回避されたあとのDFが上手くいかなくて、失点が続いたことが反省だったかなと思います。

折橋 その後、同点に追いつかれるも、最後は勝ち越して勝利。自身のゴールもありましたね。

今井 自分のゴールはたまたまなんですが、全員が最後まで走りきるプレーを最後まで続けたことが勝因だったように思います。

折橋 やっと勝ち点3を取れました。チームの雰囲気というのはどうでしょうか?

今井 今年は新加入の選手が多く入ってきて、去年とメンバーががらっと変わっているので、去年よりも活気があって雰囲気よく練習ができています。ここから次の試合まで間が空きますが、その間もいい雰囲気で練習を続けていければと思います。

折橋 今年は昇格チームのジュールも新宿も雰囲気良さそうですが、今季の1部はどのような印象を持っていますか?

今井 今季もどのチームの強そうですが個人的にですが、初戦で戦ったフウガは同い年の選手が多く、意識はしていましたが負けてしまいました。ただ、動きを見ていて勉強になったし刺激になりました。今季も難しいリーグになると思いますが頑張りたいですね。

折橋 では、最後に今季の意気込みを改めてお願いします。

今井 今季は上位進出を狙って、練習をしてきているので、最初でつまづきましたが、ここから上位に食い込めるように夏を乗り越えたいです。

(ありがとうございました)

 




« 一覧に戻る
イベント募集情報
PSU
サッカーフットサルユニフォームのFCゴレイロ
viver
スポーツ合コンといえばベストパートナー
フットサルスタイル旧サイト
Futsal Baton Project フットサルバトンプロジェクト