東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

東京都フットサル情報

東京都1部第6節結果

[投稿日] 2018.8.14


11日に葛飾区水元総合スポーツセンターで東京都1部第6節が行われた。
今季、開幕から負けなしを続ける情熱、ネオ、バッファローズの現3強の優勝争いに他のチームで一石を投じることができるのはどのチームか? が今節の大きなテーマとなると書いたが、結果を先に言えばその心配は無用どころか、逆にその3チームのデットヒートが再加速してしまった。

試合を振り返ると今節の注目試合の一つである首位情熱対蹴球狂の一戦は、情熱が開始早々に佐藤のゴールで先制すると、続けざまに井上、土屋のミドルが決まり、7分までに情熱が3点をリードする。蹴球狂も小西、上原を中心に反撃を試みるも、ゴレイロ山田を中心に抑え込み、最後は柏瀬がダメ押しゴールを決めて、終わってみれば4対0のシャットアウト勝ち。昨季の成績から唯一、番狂わせがあり得る一戦だったが、蹴球狂をもってしても情熱の勢いを止めることができなかった。

そしてフウガは最下位とはいえ、前節で目の前で試合が流れた新宿の粘りに苦戦するも、大声援を背に選手が躍動。前節ハットトリックの村上のゴールで先制すると、外川、北村がゴールを決めて突き放す。新宿も須藤のゴールで1点を返すも、逆に外川にこの日2点目のゴールで突き放されて勝負あり。フウガが新宿に4対1で順当勝ちを収めた。

逆に大苦戦だったのが、2位のネオ。畠中、田口らのゴールで前半を3対0でリードするも、後半から登場した堀内のゴールを皮切りに、あっという間に2点を返されると、和田のゴールで不動前に同点に追いつかれる。嫌な流れにはなったが、その後の不動前の猛攻をしのぎ切ると、30分にカウンターから小坂が鮮やかに勝ち越しゴール。その後は高山、再び田口が決めて6対3で勝利。この試合で決勝ゴールを決めたネオ小坂曰く「他の2チームが連勝してるからこそ、トーナメントではないけど、目の前の1試合1試合を勝って行くしかない」と。まだまだ三つ巴の優勝を掛けたデットヒートは続きそうだ。

その他、CAMISAはジュールとの名門対決を松本の2ゴールなどで4対1で制し、7位に浮上。そしてサンパチオは高橋、大川兄弟、木下らのベテラン勢が躍動し、FUTUROに6対3で勝利。残留争いどころか、4位で3強を追う一番手に名乗りを上げた。

結果は以下の通り。

【試合結果】

8月11日(土) 葛飾区水元総合スポーツセンター

小金井ジュール 1-4  CAMISA

アトレチコ新宿 1-4  フウガすみだバッファローズ

情熱ロンリネス 4-0  蹴球狂の詩

FUTURO 3-6  SANPACHIO FUTSAL CLUB

不動前 3-6  NEO

【順位表】

1位 情熱ロンリネス 勝ち点15/試合数5/得失点差17

2位 NEO 15/5/14

3位 フウガすみだバッファローズ 13/5/14

4位 SANPACHIO FUTSAL CLUB 10/6/-1

5位 蹴球狂の詩 7/5/-2

6位 小金井ジュール 7/5/-3

7位 CAMISA 6/5/-6

8位 美少年倶楽部 4/4/1

9位 FUTURO 3/5/-9

10位 FC NORTE 2/5/-6

11位 不動前 2/6/-12

12位 アトレチコ新宿 1/4/-7

文:舘野 秀行

写真:菊地 尚哉




« 一覧に戻る
イベント募集情報
PSU
サッカーフットサルユニフォームのFCゴレイロ
viver
スポーツ合コンといえばベストパートナー
フットサルスタイル旧サイト
Futsal Baton Project フットサルバトンプロジェクト