東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

東京都フットサル情報

東京都1部第8節結果

[投稿日] 2018.9.11


8日、葛飾区水元総合スポーツセンターにて東京都1部第8節が行われ、5試合熱闘が繰り広げられた。
今節もバッファローズ、情熱、ネオの現3強の優勝マッチレースをどのチームが待ったを掛けるかが最大のテーマ。そしてその結果、三つ巴に若干の変化が現れた。

まずは首位バッファローズはノルテと対戦。序盤こそ原田、石川を中心としたバッファローズの猛攻ならぬ猛牛打線を0点に抑えたものの、徐々に若い勢いに押され始める。15分に村上の落とした所に走りこんだ山田が蹴りこみバッファローズが先制点を挙げると、18分には村上が直接FKを決めて2対0で前半を折り返す。後半、ノルテも24分に三戸のFKからのミドルシュートを秋山がゴール前で右足でコースを変えるという技ありゴールを決め、1点差に詰め寄るも、ここからバッファローズの打線が大爆発。垂井のシュートを皮切りにあれよあれよと後半だけで7得点を挙げ、9対1で快勝。首位を奪還し、ついに第10節の大一番・情熱との直接対決まで無敗1引き分けで駒を進めた。そしてその情熱もジュールの細野に先制点を許したものの、妙中のゴールで追いつくと、9分に浅野のゴールで逆転。その後は妙中、浅野の2ゴールずつの活躍などで堅守ジュールに6対1で勝利。こちらは純粋な開幕から無敗の6連勝。直接対決まで昨季の王者・美少年戦を残すものの、1ヵ月半後の大一番を前に順当な連勝街道を駆け抜ける。

そして3位のネオは第2試合で最下位に甘んじる新宿と対戦。田口のゴールでネオが先制したものの、清水、樋渡を中心とした新宿の老獪かつテクニカルな試合運びに苦戦。谷口(大)に同点にされると、17分に松本のアシストからの田中のゴールでついに新宿に逆転される。その後も、田口、谷口(大)の両エースが追加点を挙げ、3対2で新宿がリードした31分に井上がボレーシュートを決めて、ネオが同点に追いつくも、その後も清水を中心に新宿が試合の主導権を握り続け、そのまま3対3のドロー。これまで開幕から無敗を続けてきたネオがついに星を分けた。ただ新宿は2年前もネオの東京都2部優勝を阻止したネオキラーであり、崖っぷちのここに来て、今節はベストメンバーを形成。残留への巻き返しの大きなパフォーマンスを見せた。もちろんのネオも今回は引き分けたもの、バッファローズとネオと直接対決を控えており、優勝への可能性は大いに残されている。勝ち点も首位から3位までわずか3。まだまだバッファローズ、情熱、ネオの三国志統一戦は今後も続きそうだ。

その他、不動前はFUTUROに山崎の決勝ゴールなどで4対3で勝利し、残留に一歩前進。3強に続く第4勢力を決める対決となったサンパチオ対蹴球狂の一戦は蹴球狂が小林、小島のゴールなどで4対2とリードするものの、サンパチオが終盤に鈴木のゴールで追いつき4対4のドロー。好勝負を展開するも互いに第2集団から第1集団に抜け出すことはできなかった。

結果は以下の通り。

【試合結果】
9月8日(土) 葛飾区水元総合スポーツセンター

小金井ジュール 1-6 情熱ロンリネス

NEO 3-3 アトレチコ新宿

FUTURO 3-4 不動前

フウガすみだバッファローズ 9-1 FC NORTE

SANPACHIO FUTSAL CLUB 4-4 蹴球狂の詩

【順位表】

1位 フウガすみだバッファローズ 勝ち点19/試合数7/得失点差26

2位 情熱ロンリネス 18/6/22

3位 NEO 16/6/14

4位 SANPACHIO FUTSAL CLUB 14/8/0

5位 蹴球狂の詩 11/7/0

6位 美少年倶楽部 7/5/7

7位 小金井ジュール 7/7/-12

8位 CAMISA 6/6/-12

9位 不動前 5/8/-12

10位 FC NORTE 5/7/-13

11位 FUTURO 3/7/-11

12位 アトレチコ新宿 2/6/-9

文:舘野 秀行

写真:菊地 尚哉




« 一覧に戻る
イベント募集情報
PSU
サッカーフットサルユニフォームのFCゴレイロ
viver
スポーツ合コンといえばベストパートナー
フットサルスタイル旧サイト
Futsal Baton Project フットサルバトンプロジェクト