東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

東京都フットサル情報

東京都2部第6節結果

[投稿日] 2018.9.26


24日、東京都2部第6節が青梅市総合体育館にて開催された。

初戦の7位サンタローと11位十条の一戦は前節、今季初勝利を掴み勢いづくサンタローが序盤に鴨下の2ゴールと岡島のゴールで3点を先制。対する十条も前半で1点を返すも後半にサンタロー渡辺のゴールで1点を追加したサンタローが2連勝で5位に浮上した。

2戦目では今季ここまで勝ち星がないセルサスとゾットライズが激突。試合は終盤まで2対2の同点で進むなか、26分にセルサス加口が決勝点を挙げて、セルサスが嬉しい今季初勝利となった。一方のゾットライズは泥沼の開幕5連敗。

3戦目では開幕4連勝のバンフが登場。5位レボ相手に13分に嶋津が左キックインの落としを豪快に決めて先制するもレボは25分に左サイドからの折り返しをファーサイドで西口がヘディングシュート。それがゴールに吸い込まれるようにゴールファーサイドネットに吸い込まれ、1対1のドローで試合終了、バンフにとっては手痛い引き分けとなった。

4戦目ではレジェンダがアオキング相手にエース・足立の2ゴールを含む5ゴールでアオキングを撃破し4位に浮上した。今節の最終試合となった世田谷と闘魂の一戦は、運動量で勝る世田谷が序盤で石山が2ゴールを挙げて試合を優位に運ぶと、闘魂は後半途中、2点ビハインドから経験値の高さを生かした“伝家の宝刀”パワープレーを決行。その作戦が功を奏した闘魂が終盤に岩田と横山のゴールで追いつき引き分けに持ち込んだ。

今節の結果により、昇格争いは勝ち点1を積み上げたバンフが単独首位に浮上するも、4位ファイルサテとの勝ち点差は僅かに3と大混戦に。上位2チームに食い込むチームはどのチームか?

残留争いではセルサスがゾットライズとの直接対決に勝利したことで、今季勝ち星がない11位十条、最下位ゾットライズは残留のためには現状の段階で2勝以上が必須に。意地を見せて終盤で連勝することができるか。昇格争い、残留争い、どちらも目が離せない。

試合結果は以下の通り。

【試合結果】

9月24日(月・祝)青梅市総合体育館

十条フットサルクラブ 1-4 CINtarooooo

ZOTT WASEDA RAIZ 2-3 Celsus Futsal

Revolution Futsal Club 1-1 BANFF TOKYO

LEYENDA TAMA 5-2 AOKING

Setagaya Futsal Club 3-3 闘魂

【順位表】

1位 BANFF TOKYO 勝ち点13/試合数5/得失点差5

2位 LEYENDA TAMA 12/5/10

3位 FC DOGA 12/5/8

4位 FIRE FOX HACHIOJI サテライト 10/5/2

5位 CINtarooooo 8/5/4

6位 Revolution Futsal Club 7/5/-1

7位 闘魂 7/5/-5

8位 Setagaya Futsal Club 6/6/-1

9位 Celsus Futsal 5/5/-1

10位 AOKING 5/5/-4

11位 十条フットサルクラブ 1/6/-8

12位 ZOTT WASEDA RAIZ 0/5/-11

写真:菊地 尚哉

 




« 一覧に戻る