東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

東京都フットサル情報

【東京都2部第6節インタビュー】CINtarooooo21番 岡島 亮司

[投稿日] 2018.10.26


十条フットサルクラブ 1-4 CINtarooooo

東京都2部第6節第1試合では前節、2部昇格後初勝利を挙げた7位サンタローと開幕5戦で勝ち星がない十条が激突した。

試合は開始直後からサンタローが十条ゴールに襲いかかる。2分、5分とエース鴨下の連続ゴール、6分には岡島が今季初ゴールを挙げてサンタローが3点を先制する展開。対する十条は9分に石沢が1点を返し前半を1対3のサンタローリードで折り返す。

後半では前半同様に開始直後にサンタロー渡辺がゴレイロとの1対1を冷静に流し込みダメ押しとなる追加点を挙げると、その後も試合を優位に運んだサンタローが十条を撃破し2連勝し5位に浮上。1部昇格に向けて望みを繋げた。一方の十条は6戦で勝ち点1と大苦戦。リーグ終盤にどこまで追い上げることができるか。相対する状況の両チームの今後の動向に注目したい。

試合後、今季初ゴールを決めたサンタロー岡島にインタビューを決行した。

折橋 お疲れ様でした。まず、この勝利で2連勝となりました。総括をお願いします。

岡島 今日勝てるかどうかで優勝争いに食い込めるかどうか。というところがあったのでチームとして、選手権も勝って調子よかったのでこの試合も勝ててよかったです。

折橋 前節のリーグ戦での昇格後初勝利がチームとしてかなり大きかったように思えますが、いかがですか?

岡島 前回のインタビューで鴨下も言ってましたが、2部に昇格して、全チームを見渡した時にうちは個々の能力でいえば一番下だと思うんです。そんななかで3部だと点を取り合って4対2で勝てていたような試合が、2部だと1点取れなくて、1失点して3対3で引き分けとか、負けてしまう試合をしてしまっていました。個々の力では勝てないので、ひとりひとりがしっかり走り抜く、味方を信じて戦う。ということを徹底した結果がこの連勝だったと思います。

折橋 試合はまず開始早々に鴨下くんの2ゴールが決まったあとに岡島さんの今季初ゴールが決まりました。あのゴールを振り返ると?

岡島 正直、シュートは下手なのですが、あの場面では山根くんに振り抜けと言われて振り抜いたシュートが上手く決まってよかったです。

折橋 いつもゴールを決めない選手が決める。そういうのもチームの調子や雰囲気から生まれるゴールだと思うのですが、その点に関しては?

岡島 そうですね。チームの雰囲気は練習や試合でのポジティブな声出しなどから意識していて、この試合でもいい声が出ていたと思います。なので、みんなの声かけから生まれたゴールと言えますね。

折橋 守っても1失点でしのぐことが出来ました。守備面に関しては?

岡島 自分も含め、危ないシーンが多かったなかで、サンタローは前プレで守備から積極的に仕掛けていって、それで負けたら仕方ないという気持ちで戦ってます。アグレッシブにいったなかで1失点というのはいい結果だったかなと思います。

折橋 では、最後にリーグ後半戦の意気込みをお願いします。

岡島 個人の抱負でいえば、1点取ったので、今季の目標はとりあえず達成したのですが…(笑)チームとしては残り全勝できれば昇格できると信じて戦ってますので、ここからも1つも落とさず頑張っていきたいです!

(ありがとうございました)

 




« 一覧に戻る
イベント募集情報
PSU
サッカーフットサルユニフォームのFCゴレイロ
viver
スポーツ合コンといえばベストパートナー
フットサルスタイル旧サイト
Futsal Baton Project フットサルバトンプロジェクト