東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

東京都フットサル情報

【東京都2部第11節インタビュー】LEYENDA TAMA15番 鞁島 三郎

[投稿日] 2019.4.7


]

フットサル界のサブロー
FUTSALEDGE(フットサルエッジ)というサイトに『関東フットサル三国志』というコラムがある。まだFリーグができる以前のフットサル界の“今”を垣間見られる秀逸なコラムというか伝記に近いフットサル界の教科書である。正直、書籍にしていただきたいくらい読み応えがある。その中の第一章に写真と共に出てくるのが鞁島三郎だ。府中水元クラブで第2回選手権を優勝した時に撮影されたものだという。まさかその20年後に東京都1部開幕戦のスタメンとして同じ駒沢のピッチに立っているとは…。

「僕たちのモットーとしては“フットサルを生涯スポーツとしてやって行こうよ”ですから」と鞁島。20年前の華やかな舞台からは1つ落ちるかもしれない。しかしフットサル激戦区の東京で未だ第一線でやっていることに驚きとそれ以上に誇りを感じる。しかも昨季の4得点はチームの中では3位で全体で見ても11位タイに相当する記録。顔見せ出場とは全く無縁。それどころか誰よりもハードワークに徹し、結果的にレジェンダを東京都2部優勝に導いた。

「私の目標では体が動く限り続けていきたいし、まあそう意味ではカズ(三浦知良)さんには負けられないかな」
先日、野球界のスーパースターであるイチローは引退したが、フットサル界の“サブロー”はまだまだ現役バリバリだぜ!!

舘野 まず今日の試合での勝利おめでとうございます。

鞁島 ありがとうございます。

舘野 今日勝ったことで勝ち点が一緒だったバンフから勝ち点3差をつけて単独で首位に立ちました。そこに一言お願いします‼

鞁島 そうですね。率直に嬉しいですね。

舘野 先にお聞きしたいのが、これで優勝というのが見えてきたのですが、鞁島さん自身はそこにどのようなご意見をお持ちでしょうか?

鞁島 はい。あのーレジェンダというクラブ自体がオープンリーグは別として、おそらく優勝自体が初めてじゃないかな。(舘野 おほほほ)もちろんまだ決まってませんけどね。

舘野 なるほど。これ僕にただ記憶が無いだけかもしれませんけど、都3部に1回落っこったチームが東京都1部に昇格する。これって初めてのケースですかね? (※ノルテが都3部に落ちてから現在は東京都1部にいるので、2度目のケースとなる

鞁島 そうなんですかね? まあ2部に落ちてから上がるというのは多々ありますけどね。

舘野 はい。それはジュールや不動前がやっていますので、あとレボもそうですね。

鞁島 もちろん、そういうこと(都3部から都1部昇格という意味)を考えながらやっているわけではやっているわけでは無いんですけども嬉しいですよね。

舘野 そうですね。では一旦、試合の話に戻しまして、今日対戦する闘魂への対策等はあったのでしょうか?

鞁島 まあ経験値の高いチームですし、一線級でやっていた選手が多いですしね。ただ今季は闘魂さんもあまり人数が集まっていないですけども、少数でも精鋭のイメージがあるから、まずは走り負けないようにとは言ってましたね。お互いベテランが多いんですけどね。それでも走れるうちは走らないと。

舘野 ありがとうございます。では簡単に試合を振り返ります。試合はレジェンダは幸先良く上村選手が決めて先制をしたのですが、決めるごとに闘魂は難波田さんをゴレイロにしたパワープレー。(鞁島 はい(笑))そのパワープレーで勝さんに決められ同点。今度は小林さんが決めてレジェンダが突き放しましたが…

鞁島 またパワープレー(笑)。正直嫌な流れでしたね。

舘野 2対2で前半を終えた時にこれはどんな感じなるなと思いましたか? ベンチワークとしてはどのような事があったのでしょうか?

鞁島 まずは落ち着いてやろうと言いましたね。当然、闘魂さんも経験値の高い選手が多いチームなので、僕らも相手のペースに引き込まれましたね。だからこそこの状況を楽しみながら、慌てずに行こうよ。それで後半を迎えました。

舘野 なるほど。後半も拮抗した展開の中で、23分にFKのチャンスで足立選手の横パスを鞁島さんが完璧なゴール。カッコ良かったですね。

鞁島 ああ、ありがとうございます。なんだろ良いパスが来て、上手く決めたというか、それだけですね(笑)。

舘野 ナイスゴールです(笑)。その後も案の定、闘魂はパワープレーを仕掛けてきましたが、今度はがっちり守りましたね。

鞁島 そうですね。なかなかウチはパワープレーをされるという経験がないので戸惑いましたけど、前半にやられた分、ハーフタイムで修正してやっていこうと。まあまあ勉強できたのかなと。

舘野 その守りの甲斐あって、26分に足立選手の折り返しパスを小林さんが決めて、決定的な4点目。(鞁 そうですね)その後、闘魂が攻めてきましたが、守り切って4対2で勝利!!

鞁島 はい、結果的には良かったです。

舘野 ちなみに何ですが、今後1部に昇格するのを含めて、補強というのはどんな感じなのでしょうか? 関さんが来たぐらいですよね。

鞁島 はい、関新が入りました。彼は関東を経験して、かつFリーグも経験してきているので、彼が入ったというのは今シーズン大きかったなと。まあベテランではありますけど(笑)。

舘野 なるほど(笑)。それ以外は元々そんなに入れ替わりは無いですよね。

鞁島 まあセレクションをやってというチームではないですから。

舘野 レジェンダでやりたいという選手にチーム自体は門戸は開けているんですか?

鞁島 一応、開けてはいるみたいですけど、代表が必要に応じて来てもらう形を取っているみたいです。だから昇格するから大幅に補強というよりは、僕たちのモットーとしては“フットサルを生涯スポーツとしてやって行こうよ”ですから。

舘野 おお素晴らしい。

鞁島 だからありがたいことになかなか辞めていくって人が少ないですよね。

舘野 ありがとうございます。では話を戻しますが、一時期、3部に落ちたとはいえ、その後2部に戻ってから、レジェンダはいつも上位にいますよね。前回は3位だったり。

鞁島 そうです。3位でしたね。

舘野 得点王も足立さんだったり、その前がレイスさんが取ったり、2部で確固たる実績を重ねてきた地位を築いてきました。これって何か秘訣というのはあるのでしょうか?

鞁島 まあ長くみんなでやっているという所の意思統一みたいなのはあるかもしれませんね。あとはお互いのストロングポイントを引き出そうとチームがやっている部分はありますね。そうしないとなかなか勝ち切って行かないから。(舘野 なるほど)まあそういうチームの方針が本人の能力はもちろんだけど、たまたま点に繋がって得点王という部分はあるのかなと思います。

舘野 わかりました。では最後になりますが、今回の勝利でほぼ東京都1部昇格が決まりました。とはいえあと2節あります。それを踏まえてレジェンダの目標と鞁島さんの目標で締めたいと思います。

鞁島 せっかく優勝できるチャンスがあるので、そこへ向けて頑張っていきたいのと、私の目標では体が動く限り続けていきたいし、まあそう意味ではカズ(三浦知良)さんには負けられないかな。

(ありがとうございました)

文:舘野 秀行

写真:菊地 尚哉




« 一覧に戻る
イベント募集情報
mosh
PSU
サッカーフットサルユニフォームのFCゴレイロ
スポーツ合コンといえばベストパートナー
フットサルスタイル旧サイト
Futsal Baton Project フットサルバトンプロジェクト