東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

東京都フットサル情報

東京都2部開幕戦結果

[投稿日] 2019.4.17


13日に東京都2部開幕戦が八王子市富士森体育館で開催された。
ほとんどの試合で接戦、そして都2部に1年で戻ってきたDiavoloも新勢力クリアソンもレベルが高く、今季は昨季以上に大混戦が予想されるそんな開幕戦だった。
そんな中、今節で首位に立ったのはなんとレボ。昨季は開幕戦が終わった時点で最下位スタートだっただけにまさに青天の霹靂。ただ今季はベテランと若手が上手く融合。ベテランの根田がチャンスを作り、福田がゴールを決めたかと思えば。山内、中西コンビに川東のヤングトリオが仲良く2点ずつ取り合い、9対1でDOGAを粉砕。台風の目になりそうだ。

今節は今季の昇格争いで本命になりうる実力を持つファイルサテ、サンタローの2チームも好スタート。ファイルサテはバルサ復帰が噂されるFC東京の久保建英と同世代の伊藤の高パフォーマンスもあり、3対1で世田谷に勝利!! サンタローは鴨下の2ゴールで十条に2対1で勝利を収めた。その中では2得点を取った鴨下はもちろん相手エースの宮下を体を張って抑えた山根選手兼監督の存在が大きかった。攻守に安定し、大崩れが無いチームだけに昨季のレジェンダのように結果的に優勝という可能性は十分に秘めている。逆にファイルサテはとにかく早くてハードワークの印象。その中で伊藤を始めとした若手とゴレイロの山崎や黒木、町田などトップを経験した選手たちが好融合。まさにサテもファイルの分身、いやファイルそのものである。その勢いで全勝優勝というのもあり得るかも知れない。

その他、オープニングマッチの新宿対決はアトレチコ新宿が伊藤のカウンターからのゴールで1対0でクリアソンに勝利。そして永遠の優勝候補であり、今季こそはに期待が掛かるセルサスは重清のハットトリックの活躍で4対2で闘魂に勝利!! 長年都2部でしのぎを削ってきた世田谷、新宿そして今季はレジェンダが昇格するなど、都1部を経験。来季に念願の20分ハーフの戦いに向けて好発進したのは言うまでもないだろう。

そして最終試合ではアオキングとDiavoloの実力チーム同士が対決。金子のゴールでDiavoloが先制したものの、佐々木のクロスパスに大野が詰めてすぐさま同点。その後、アオキングは冨田、Diavoloは中山が決めて1点ずつ取り合い前半終了。後半早々に佐々木が決めてアオキングが勝ち越し、その後もアオキングが押し気味に試合を進めたものの、Diavoloが1本のカウンターから肥沼がミドルシュートを決めて同点。白熱した好勝負は3対3のドロー。勝ち点1を分け合う結果となった。

結果は以下の通り。

【試合結果】
4月13日(土)八王子市富士森体育館

アトレチコ新宿 1-0 Criacoa Shinjuku

CINtarooooo 2-1 十条フットサルクラブ

FIRE FOX八王子サテライト 3-1 Setagaya Futsal Club

Celsus Futsal 4-2 闘魂

FC DOGA 1-9 Revolution Futsal Club

AOKING 3-3 Diavolo S.P.F.C

【順位表】

1位 Revolution Futsal Club 勝ち点3/試合数1/得失点差8

2位 FIRE FOX HACHIOJI サテライト 3/1/2

2位 Celsus Futsal 3/1/2

4位 アトレチコ新宿 3/1/1

4位 CINtarooooo 3/1/1

6位 AOKING 1/1/1

6位 Diavolo S.P.F.C 1/1/1

8位 Criacoa Shinjuku 0/1/-1

8位 十条フットサルクラブ 0/1/-1

10位 Setagaya Futsal Club 0/1/-2

10位 闘魂 0/1/-2

12位 FC DOGA 0/1/-8

文:舘野 秀行

写真:菊地 尚哉




« 一覧に戻る