東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

東京都フットサル情報

東京都1部第3節結果

[投稿日] 2019.6.6


先日、武蔵村山市総合体育館にて東京都1部第3節が開催された。
1ヶ月以上ぶりにリーグ戦再開。そして令和最初の東京都1部の公式戦は首位2チームとも陥落するという波乱の展開となった。注目されたネオ対CAMISAの一戦は「ネオに対して苦手意識が無かった…」と後に2ゴールを決めた今井が言ったようにCAMISAが躍動。篠のゴールで先制し、主導権を握ると一旦は同点に追いつかれたものの、土屋の折り返しパスを盛田が決めて3対2と勝ち越す。その後は一進一退の点の取り合いが続くが、今井、平の連続ゴールが決まり、万事休す。8対5でCAMISAが勝利し、ネオは首位を陥落。過去の対戦でもネオには負けていないCAMISAのネオキラーぶりを今回も見せつける形となった。もう一方の首位・不動前は美少年と対戦。美少年は松本のチョンドンが軌道が変わり、そのままゴールで先制すると、一気に3点を先制。早々にゴレイロ荒を交代に追い込む。その後も一方的に主導権を握った美少年はエース大高のハットトリックもさることながら、門奈の復活ゴールや村本、海平のゴールなどで不動前に9対2で快勝!! その結果、得失点差ながら2位に急浮上。不動前は息の根を止めるどころか完全に寝た子を起こす結果となってしまった。

そして今節で首位に立ったのはジュール。大和地、毛綱のゴールで2点を先制すると、藪のFKからのゴールで1点を返されたものの、すぐさま鈴木のゴールで突き放し、主導権を譲らない。その後も、石川、原田が猛攻を仕掛けるが、ゴレイロ山口を中心に守り切り、3対1でノルテに勝利!! 開幕から3連勝を決めた。山口、森山のディフェンス力と大和地、橋本の攻撃力など攻守のバランスも良く、ベンチの雰囲気も良いジュール。今季は台風の目から一気に都1部の主役に躍りでそうだ。その他、情熱は川島の2ゴールとカメラパフォーマンスの活躍で情熱が7対1でフトゥーロを破り、今季初勝利。バンフは水口の2ゴールなどでサンパチオに5対2で勝利。1部では毎年のように残留争いをしていたバンフだが、情熱とサンパチオを撃破し、3位に浮上。この強さは本物だ!!

結果は以下の通り。

【試合結果】

6月2日(日)武蔵村山市総合体育館

SANPACHIO FUTSAL CLUB 2-5 BANFF TOKYO

FUTURO 1-7 情熱ロンリネス

F.C. NORTE 1-3 小金井ジュール

美少年倶楽部 9-2 不動前

NEO 5-8 CAMISA

【順位表】
1位 小金井ジュール 勝ち点9/試合数3/得失点差4

2位 美少年倶楽部 6/3/8

3位 BANFF TOKYO 6/3/3

4位 NEO 6/3/1

5位 不動前 6/3/-3

6位 情熱ロンリネス 3/2/5

7位 CAMISA 3/2/1

8位 蹴球狂の詩 3/2/0

9位 F.C. NORTE 3/3/-3

10位 SANPACHIO FUTSAL CLUB 1/3/-4

11位 FUTURO 1/3/-8

12位 LEYENDA TAMA 0/1/-1

文:舘野 秀行

写真:菊地 尚哉




« 一覧に戻る
イベント募集情報
mosh
PSU
サッカーフットサルユニフォームのFCゴレイロ
スポーツ合コンといえばベストパートナー
フットサルスタイル旧サイト
Futsal Baton Project フットサルバトンプロジェクト