東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

東京都フットサル情報

【東京都1部第2節インタビュー】NEO 10番田口 雄大

[投稿日] 2019.6.17


美少年倶楽部 3-5 NEO

東京都1部第2節の第4試合では開幕戦を勝利で飾った美少年とネオが激突した。今季、積極的な補強で戦力が一層充実した両者は優勝候補に挙げられていて、非常に高レベルは一戦となった。

試合は開始早々から美少年が攻撃力の高さでシュートを多く放っていくが、先制したのはネオ。6分に左キックインの折り返しを金崎が決めて試合の均衡を破ると、エース田口が11分、14分、16分と立て続けにゴールを決めてハットトリックを達成。4点をリードする展開。一方の美少年も花田と小金井のゴールで2点を返し、前半を2対4のネオリードで折り返す。

後半では23分にネオは右サイドで受けた畠中の折り返しをゴール前で田口が押し込み、再度3点差に広げると、その後美少年は前澤の1点止まりで3対5でネオが勝利。

試合後、1試合4得点と大暴れしたネオの田口にインタビューを決行した。

折橋 お願いします。まず今日の美少年戦ですが、ネオにとってシーズン序盤のなかで一番大事な一戦だったように思えますが、まず率直な感想をお願いいたします。

田口 東京都1部はどこも強いチームなので毎試合大事な試合だと思っているのですが、そのなかでも美少年さんは優勝候補の1つだと思っていたのでその美少年さんに対して、しっかり準備をして勝てたことが何よりよかったです。

折橋 この試合ですがなんといっても田口さん圧巻の4ゴール。派手な活躍でしたね。

田口 自分はとりあえずやれることをやることを意識してやっていて、今日はたまたまシュートチャンスがあってしっかり決めることが出来ました。チームに貢献できてよかったです。

折橋 美少年に関して、今季いい補強をしてチーム力が上がったなかでネオも攻められる時間が長かったと思います。守っていてどうでした?

田口 やっぱり怖さはありましたね。上手いですしシュートもいいのが飛んでくるので集中して守らなくてはいけなかったです。

折橋 逆に、攻められている時間が多かったので、ネオは我慢強く守ってカウンターの攻撃が効果的でしたね。

田口 はい。カウンターは練習からずっとやってて、精度を高めるように意識しているので、それが試合で発揮できてよかったです。ただ、カウンターに関してはまだまだ足らない部分があるのでこれからですね。

折橋 開幕戦の話ですが、1試合のなかでDFが崩れる場面もありました。この試合までにどのような修正をしてきたのでしょうか?

田口 前回の試合でDFが崩れたのは、僕個人の問題もあったので自分で解決するところは解決して、チームで解決するところは意識統一をして修正しました。

折橋 今季のリーグは開幕2戦で勝ち点3を取りこぼしているチームが多いのですが、今季のリーグは例年以上に難しいと思いますか?

田口 ネオも毎シーズン、取りこぼしているので今季に限ったことではなくて1試合1試合勝つのが難しいと思っていて、だからこそ毎試合毎試合しっかり勝つことを意識してやっていくしかないと思っています。

折橋 田口さんはネオの攻撃の軸となっていると思うのですが、ネオの攻撃の魅力というのは?

田口 それぞれ良さがあっていい選手が多く、それにネオの勢いが加わって、どんどん攻めていくところが魅力なのかなと思います。

折橋 これからシーズン続いていきますが、意気込みをお願いいたします!

田口 まずは関東リーグに昇格することを一番の目標にしています。自分はその目標に対して、どんな形であれ貢献したいというのを目標にしています。あとはもっとフットサルを突き詰めて上手くなりたいですね。

(ありがとうございました)




« 一覧に戻る