東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

東京都フットサル情報

【東京都1部第3節インタビュー】BANFF TOKYO7番 水口 琢太

[投稿日] 2019.7.27


関東のプライド
「そん時に自分もバンフでやっていて、そこから2つも落としちゃったので(笑)。そこは責任を感じているし、みんなでこのチームを関東に上げるという意識で頑張っていきたいです」
この試合で2ゴール1アシストと活躍した水口はこう語る。確かに近年のバンフのイメージはギリギリで東京都1部に残留か、都2部に落ちた年もタダでは落ちないような終盤に驚異的な粘りを見せる。それをこっちも勝手に『バンフ劇場』と呼んでいた。そして昨季も都2部で圧倒的にスタートダッシュをしながら、昇格を決めたのは最終節の最後の試合。それが『バンフ劇場』の真骨頂と思っていた。

しかし本当のバンフ劇場は今季の開幕戦での優勝候補・情熱戦での劇的な勝利。万年のエレベーターチームを昨季加入の元Fリーガー小山が変え、それに刺激された水口や菊田など、かつてバンフが関東時代に戦っていたプライドを蘇らせた。もうギリギリ残留チームとは呼ばせない。

「俺たちが関東2部にいた事を知っています? 知らないでしょ」とは昨季の都2部最終節で1部昇格を決めた時の及川監督の言葉。現在首位のジュールの元はと言えば関東リーグ組。関東で戦い関東を知っているからこそ、今季優勝争いが混戦の東京都1部で原点回帰という明確な目標を立てることができ、結果好調を維持している。まさに“知らないでしょ”では済まされない事態。今季の新たなバンフ劇場に注目だ。

舘野 まず今日の試合での勝利おめでとうございます。

水口 ありがとうございます。

舘野 2得点1アシストの活躍。そこに一言お願いします!!

水口 結果は2ゴール1アシストという所なんですけども、それ以上にいっぱいミスもあったし。(舘野 いえいえ)去年を振り返ると全体で2ゴールしか取れなかったことが悔しくて、今日だけで2ゴール取れたことで並んだで喜んでるわけではないですけど嬉しいですね。

舘野 ありがとございます。これでバンフは昇格後2勝1敗になりましたけど、これは強さが本物ですね。

水口 そうですかね。昨年からFリーグでも経験のある小山さんが入って来て、いろいろ戦術とかも徹底的にやってきた事が大きいですね。またフィジカルにも力を入れていて、みんなで声出して積極的に取り組んでいるので、走り勝つ場面とかが試合でも出てきているので、そういう積み重ねが結果にも表れているのかもしれないですね。

舘野 かしこまりました。では試合についてお聞きしたいのですが、公式戦が1ヵ月半くらい空いた後に今回のサンパチオ戦なんですが、相手チームに対する対策や意気込み等はあったのでしょうか?

水口 そうですね。相手はともかく自分たちのやる事をやり切ろうと。自分らくらい練習で走ってきているチームは無いだろうという所で自信を持って勝ち切ろうとはみんなで話してました。

舘野 ありがとうございます。では簡単に試合を振り返りたいと思います。前半なんですが、まずはバンフが井上さんが頭で合わせゴールでバンフが先制。その後、拮抗した展開でしたが、1点を決められてしまって同点に追いつかれました。(水口 そうですね)そんな中、相手の36番の飯野選手がすごく存在感を出してバンフ陣内に攻めてきましたが、その対策も含めてどのように後半を迎えましたか?

水口 全体的にディフェンスの際に36番の人のテクニックもあるけど、後手後手で飛び込んでしまうことが多かったので、そこはみんなで我慢しろ我慢しろとは言ってはいたんですけどね。だから後半はじっくり見て、守備ブロックを狭めたり、壁を作ったりしながらディフェンスをしようと。まあ相手のペースに合わせるのではなく、自分達のペースに持ち込もうとはチームで話していました。

舘野 後半なんですけども、けっこう序盤でファールが多かったじゃないですか? (水口 はい)どちらかというと狙いとしてはキーマンだった36番(飯野選手)と17番(飯塚選手)にファール気味でいっていた場面があったのですが、あれは何か意図はあったのでしょうか?

水口 ああ、あれ(笑)。狙いですか!? 前半が1対1という事もあって、また持たれてるよという部分もあって、気持ちが入ったのかもしれません。ただ意図的ではないにしろ、しっかり前からプレスを掛けて、相手のゴールラインに行くという部分は出ていたのかもしれませんね。

舘野 そんな中、28分に庭野さんのミドルシュートがDFに当たって、そのまま軌道が変わってゴール。

水口 そうですね。走りこんだキャプテンの井上は「俺が触った!!」とアピールしてましたけどね(笑)。

舘野 触った風ですね(笑)。たぶん触ってなかったような気がしますけど、入った後押しはしてましたね。その後、岡選手の折り返しを中央で水口さんが合わせゴール。(水口 はい)4点目の崩しは完璧でしたね。

水口 いやぁ、そうですかね。

舘野 岡さんが落として、6番の宮永選手が斜めのパスに水口さんがファー詰めでゴール。あれは狙っていた形なんですかね?

水口 うーん、練習ではカウンターの部分をすごく意識してやっていて、1対1から2対1、3対1と徹底して繰り返しやったので、そこがとっさにできたのかもしれないですね。上手くいって良かったです。

舘野 本当にナイスゴールです。その後は両チームとも」1点ずつ取り合いましたが、バンフが5対2で勝利を収めました。これで2勝1敗で3試合を終えましたが、これってチームとしては狙い通りの展開なのでしょうか?

水口 いやーどうですかね。ただ前節のジュール戦はずっと押している状況で得点取れなくて、逆に相手に崩された形がなかっただけに前節の1敗というのは悔やみましたね。その気持ちを今回にぶつけることができたのは良かったですね。正直2勝1敗は誤算で本音は3連勝できたのかな? とは思っています。

舘野 (※3連勝できたことを悔やんだことに)逆にですか。まあ確かに昨季は2部とはいえ、ずっと開幕から連勝できていましたもんね。(水口 そうですね)ちなみに今季始まるまでバンフは2部ギリギリ最終節で昇格が決まったから、他チームに比べて圧倒的にオフ期間が少なかった。それなのに落ちない運動量とモチベーション。なにか秘訣はあるのでしょうか?

水口 そうですね。とにかく練習の1回を大切にしていましたね。例えば仕事の後や気持ちが伴わない練習の時には「こんな雰囲気の練習をしていたらダメだ!!」と話し合って、次には最初から声を出してやるとか。できる限り気持ちの入った練習をしてきたことがミスがあっても、カバーしたり、モチベーション高くできたのかなと思っています。だからチームの一体感というのは少しずつでてきているのかなとは思います。

舘野 わかりました。では最後になりますが、チームの目標と水口さんの目標で締めたいと思います。

水口 チームとしては関東目指してやっているので、それには今でも一つも落とせない状況と思っています。

舘野 バンフ自体が元関東ですからね。

水口 そうですね。そん時に自分もバンフでやっていて、そこから2つも落としちゃったので(笑)。そこは責任を感じているし、みんなでこのチームを関東に上げるという意識で頑張っていきたいです。

舘野 では水口さん自身の目標はどうでしょうか?

水口 はい、チームでも点を取るというのを一番に求められているので、去年のような2ゴールって笑えない状況で終わるのではなく、しっかり二桁には乗せたいですね。

(ありがとうございました)

文:舘野 秀行

写真:菊地 尚哉




« 一覧に戻る