東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

東京都フットサル情報

東京都1部第8節結果

[投稿日] 2019.9.12


7日、葛飾区水元総合スポーツセンターにて東京都1部第8節が開催された。

およそ1か月ぶりのリーグ戦となったが、初戦では今季好調の4位ジュールと3連勝中のレジェンダが激突。前半はジュール山口、レジェンダ原の両ゴレイロの好セーブもあり0対0。後半に入るとレジェンダは23分に今季途中にチーム復帰を果たした石黒が鮮やかなループシュートで先制に成功するもジュールも34分に後半から投入された森山の折り返しを鈴木が押し込み追いつくと終了間際にはエース大和地がゴール前でチャンスを得るも後半からゴールを守った惣卜がしっかり守ってドロー。優勝を狙うジュール、連勝していたレジェンダの両者にとって手痛い結果となった。

2戦目では3位バンフと11位蹴球狂の一戦が行われ、前半は蹴球狂小林とバンフ佐藤のゴールで1対1。同点で折り返す。後半に入ると、バンフが開始早々にゴレイロ川口のロングスローをゴール前で小山のバックヘッドが決まって逆転に成功するも蹴球狂も2点を追加し、蹴球狂が再度リードする。優勝に向けて負けられないバンフは34分にパワープレーを決行し勝負に出ると、その作戦が功を奏し嶋津、岡のゴールで逆転に成功したバンフが劇的勝利で2位に浮上。

3戦目では首位・情熱が登場し6位ノルテと対戦。試合はノルテが開始早々に野々垣のゴールで先制し試合の主導権を握ると、そのリードを後半途中まで守り抜くも情熱は30分にベテラン土屋がチームを勢いづける同点弾を放ち、35分には川島のダイレクトボレーが決まって逆転に成功し2対1で情熱が勝利し首位をキープ。ノルテは後半途中まで理想的な試合運びを見せていただけに悔いが残る試合となった。

4試合目では5位NEOと8位不動前が激突した。2連敗中と調子を落としているネオに対し、不動前は立ち上がりを攻めて堀内と高島のゴールで2点を先制。対するネオも9分に渡辺のゴールで1点を返し前半を2対1で折り返す。後半では攻め込むも決めきれないネオに対し、不動前は終盤に井小路の追加点で引き離し1対3で不動前が勝利し5位に浮上。ネオはまさかの3連敗となった。

今節の最終試合では9位CAMISAと10位サンパチオの下位対決が行なわれた。今季、ここまで結果が出ていないサンパチオはこの試合でもFPが9人と他チームより少数ながら各選手が躍動。12分に小池のゴールで先制すると、後半では紅谷、吉野のゴールで3点をリードすると、CAMISAも折り返しを木村が押し込んで1点を返すも試合終了間際にサンパチオ杉村がダメ押しゴールが決まり4対1でサンパチオが快勝した。

試合結果は以下の通り。

【試合結果】

9月7日(土)葛飾区水元総合スポーツセンター

LEYENDA TAMA FUTSAL CLUB 1-1 小金井ジュール

蹴球狂の詩 3-4 BANFF TOKYO

情熱ロンリネス 2-1 F.C. NORTE

NEO 1-3 不動前

SANPACHIO FUTSAL CLUB 4-1 CAMISA

【順位表】

1位 情熱ロンリネス 勝ち点18/試合数7/得失点差19

2位 BANFF TOKYO 16/7/7

3位 美少年倶楽部 13/6/17

4位 小金井ジュール 13/6/5

5位 不動前 12/7/-5

6位 LEYENDA TAMA FUTSAL CLUB 10/7/-2

7位 NEO 9/7/1

8位 F.C. NORTE 9/7/-2

9位 SANPACHIO FUTSAL CLUB 7/7/-8

10位 CAMISA 6/7/-5

11位 蹴球狂の詩 3/6/-7

12位 FUTURO 1/6/-18

写真:菊地 尚哉




« 一覧に戻る