東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

東京都フットサル情報

全日本選手権東京都大会準決勝・決勝結果

[投稿日] 2019.12.5


1日、駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場にて全日本選手権大会東京都大会準決勝・決勝が開催された。
第3試合で決勝戦に勝ち上がった多摩大と2連覇を目指すカフリンガが激突!! 序盤か多摩大が猛攻。2分にカウンターから安井が先制点を挙げると、3分には木村の右サイドからのチョンドンがゴレイロに当たり、そのままゴールで2点をリード。優位に試合を進める。カフリンガもピヴォの服部や伊藤の個人技などで反撃を試みるが、多摩大の1人抜かれてもすぐにサポートが入るディフェンスを打開できない。すると15分に中央でフリーになった石井がコースを突いたミドルシュートを決めて、多摩大が3点目を挙げる。一方のカフリンガも16分に右CKからのパスを受けた伊藤がダイレクトシュートを決めて、1点を返すが、多摩大もすぐさまファーで待ち構えていた松山がゴールを決め、再び3点差にし、4対1で前半を終了する。

後半、ゴレイロを大野から北島に代え、服部、坂本を中心に攻勢に転じたカフリンガだったが、多摩大が一瞬の隙を突き、石井に強烈なミドルを決められ、1対5と差を広げられる。それでも反撃を試みるカフリンガだったが、カフリンガの攻撃の核になっていた服部へのマークが厳しく、ボールはキープするも、決定的な場面を作り出すことができない。タラレバだが、準決勝で大活躍した垣本の負傷ベンチ外が大きく響いた。それでも運動量が豊富な伊藤を中心にチャンスは作るも、得点を奪えず。そのままタイムアップ。5対1でカフリンガを破った多摩大が大学生チームとして初の全日本選手権東京都大会を優勝!! 大学日本一の称号と合わせ、大きな大会での2冠を達成した。

試合後、決勝で2ゴールを挙げた石井に聞いた「今回の東京都大会の優勝と大学日本一の称号はどちらがうれしいか?」。石井は言う「まだ実感はわかないけど、今は大学日本一の方が嬉しい。ただこれから関東大会や全国大会と勝って行ったら、同じかそれ以上に嬉しいです」と。まちがいなく多摩大メンバーの本音だろう。東京都大会は過去にも番狂わせが多く、関東1部のチームがすんなり優勝することが少ない。過去には東京都2部のチームが優勝した時もある。ただ本大会1回戦で関東2部のフウガバッファローズに逆転勝ちをし、準々決勝でアオキングを6対2で勝利!! 準決勝はPK戦にもつれ込んだが、リガーレ、決勝戦のカフリンガと関東1部のチームを倒しての優勝。多摩大が社会人チームのカテゴリー上に存在しないから同じ俎上の上で比べられないだけで、間違いなくジャイアントキリングではなく、大学日本一の称号通り、優勝は本命に近いものだったと言わざるを得ない。

多摩大の選手、関係者の皆さま、優勝おめでとういございます!!

一方、決勝戦で敗れはしたが、準決勝第1試合で府中サテを垣本の2ゴール1アシストの活躍で3対2で勝利したカフリンガが準優勝で関東大会に進出。そして3位決定戦となった府中サテ対リガーレは1対1で延長戦、PK戦ともつれ込んだ熱戦もPKゴレイロ西がリガーレの二人目のシュートをセーブし、府中サテが勝利!! 3位で関東大会の最後の切符を手にした。準決勝、3決共にPK戦までもつれ込みながら敗れたリガーレ。結果を見れば不運ではあるが、優勝した多摩大やFC NAKAIを倒した府中サテを最も苦しめた。関東大会には進出できなかったが、関東1部の強さと存在感を存分に見せつけたグッドルーザーであったことは言うまでもない。

試合結果は以下の通り。

【試合結果】
12月1日(日)駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場

《準決勝》
カフリンガ東久留米 3-2 府中アスレティックFCサテライト

多摩大学体育会フットサル部 2-2(PK 3-1) リガーレ東京

《決勝戦》
カフリンガ東久留米 1-5 多摩大学体育会フットサル部

《3位決定戦》
府中アスレティックFCサテライト 2-2(PK 3-1)リガーレ東京

《優勝》

多摩大学体育会フットサル部

《準優勝》

カフリンガ東久留米

《3位》

府中アスレティックFCサテライト

《4位》

リガーレ東京

 

文:舘野 秀行

写真:菊地 尚哉




« 一覧に戻る