東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

東京都フットサル情報

【東京都1部最終節インタビュー】CAMISA99番 青山 泰斗

[投稿日] 2020.3.15


来季のブレイクが期待されるCAMISAのハーランド
東京都1部最終節。残留争いは例年以上に過酷。CAMISA、蹴球狂、FUTUROの3チームが勝ち点1差で並ぶ大混戦。つまり残留に一番近いCAMISAもリーグ戦で蹴球狂、FUTUROに負けており、引き分けや負ければ下位チームの結果如何で十分即降格もあり得た。そんな中で行われたレジェンダとの戦いはまさに死闘。26分に木村の直接FKが決まった後に今井のゴールで逆転。そこで雰囲気的にもCAMISAが勝利を呼び込んだと思いきや、すぐさま石山のゴールで追いつかれて3対3の同点。焦りからラフプレーの応酬になった試合は刻々と時間だけが過ぎていった。そしてそのままタイムアップもよぎった後半残り約1分。青山がこれまでの閉塞感をぶち破るようなスーパーミドルを決め、ゴールネット揺らした。そのままCAMISAが残り時間を守り切り、4対3でレジェンダとの死闘を制す。そしてその瞬間に来季の東京都1部残留を自らの勝利で決めた。青山にとっても今季5点目のゴールであった。
今季CAMISA2年目の青山は昨季は出場機会に恵まれなかったが、それでも2ゴールを決めている。そして今季は5ゴールとプチブレイク。その中でも残留へ大きな1勝となった美少年戦でのゴールや敗れはしたものの死闘となった情熱戦でのゴールなど、重要な場面でのゴールが多い。その結果が最終節での劇的なゴールに繋がったのは言うまでもない。
来季もCAMISAでプレー予定の青山。やU-20ワールドカップでの得点王やザルツブルグで成功を収め、今では所属するドルトムントのみならずチャンピオンズリーグでも大活躍するノルウェー代表のハーランドように来季は飛躍できるか。CAMISAの若武者に注目だ。

舘野 今日の試合での勝利おめでとうございます。

青山 ありがとうございます。

舘野 本当にシビれる場面でのゴール。そして来季1部残留決定。そこに一言お願いします!!

青山 ああいやーまあ、美少年に勝って、(舘野 はい、前々節ですね)次に勝ったら残留という前節のノルテ戦で2点を先制してから逆転されまして。その2週間くらいの間は練習試合とかでも結果もさることながら、悶々とした状態で今日を迎えて。(舘野 はい)まあ自分たちが負けても他チームの結果で残留がきまるというある意味開き直りが良い雰囲気になって結果的に勝って残留を決める事ができて良かったです。

舘野 ありがとうございます。先程、練習試合という事を話しましたが、前節からレジェンダ戦に向けての2週間くらいの間に取り組んできた事はあるのでしょうか?

青山 まあでも相手の5番。(舘野 レイス…さん)の対策というか、他のチームのピヴォならば前に入れたりするかもしれないけど、あの人は厳しそうだなと。ただ彼は基本左足中心なので、左サイドでボールを持ったら、露骨なくらい左を切るくらいの対策はビデオ等で確認はしてましたね。

舘野 レイス対策がメインと考えてもよろしいでしょうか?

青山 もちろん他の選手でもピヴォ当てされて、受けるために走ってくる選手にしっかり付いていこうと。レジェンダさんは基本に忠実な部分があるので、そこへのディフェンスに重きを置いたような対悪はしてきましたね。

舘野 なるほど。試合の最初の感想なんですけども、ルイスを始め、まったく手加減してこなかったですね。本来ならばレジェンダ自身は残留も決まっているし、来季に向けての戦力を試すのかな? と思いきやのっけからガチンコでしたね。

青山 それわかります(笑)。正直、私的な意見ですけど、今日の1試合目、2試合目とかはもう残留決まっていて、ある程度順位も決まったチーム同士の戦いだったので、ある程度フワッとした部分を感じていました。ただここからは正直、CAMISAと蹴球狂は残留争いの真っ只中だったので、少し熱量が違うというか、こっちのガチにまさかの向こうはもっとガチ。嬉しい反面、おいおいと。(舘野 あはは(笑))ただ向こうがガチだからこそ、相手のおかげであそこまでプレーが引き出せたので、そこは感謝しています。

舘野 それはおっしゃる通りだと思います。では簡単に試合を振り返りたいと思います。先制したのがレジェンダ。先程、警戒していたレイスが左サイドでパスを受けて強引にシュートでゴール。嫌な予感が流れたのですが、CAMISAがすぐに篠さんのゴールで同点に追いつきました。

青山 どんな感じでしたけ? まだいろいろ余韻が冷めやらなくて、思い出せないですね。

舘野 えーとですね。篠さんが右サイドを突破してミドルシュート。そんな感じでしたが…。

青山 ああなるほど…。

舘野 そのまま1対1で前半を終えたわけですけども、チームの雰囲気としてはどんな感じでしたか?

青山 まあ同点だったので、チームとしては前半の開始と一緒だなと捉えてました。だから別に焦る事もなく、相手がカウンターで来たらこう対処しよう。こっちはこう攻めようと普段通りの話をしていました。

舘野 ただCAMISA側から考えると、レイス選手や鞁島選手などの攻撃が厳しくてなかなか反撃しずらいですよね。

青山 何でしょね。いい場面で抑え込まれたりとかね。やっぱ年上の人たちのフットサルIQが高いというか。(舘野 ああなるほど)動き方の質というかね。効率の良い戦い方をするなぁと。逆にこっちはめちゃくちゃ若いんで、後半はその効率的な動きが付いていけないくらいの運動量で圧倒しようとは考えてました。

舘野 わかりました。その後半なんですけども、先に石黒選手のゴールでレジェンダに勝ち越されます。CAMISAも攻めながらなかなか得点が生まれなかったのですが、木村さんが直接FKからゴールで同点。

青山 マジで今日のMVPはキムさんです(しみじみ)。(舘野 良かったですね)ここまでほとんど出場機会がなかったんですけども、それも知的障がい者日本代表の練習や仕事等でなかなか来れなかったんですけども、最終節は来てくれて、何かはやってくれると思っていたので本当に嬉しいです。

舘野 それ本人が一番喜びますよ。その後すぐにカウンタ―から川田さんの折り返しを今井くんがファー詰めでゴールで3対2と逆転。

青山 あれで試合は決まると思っていたんですけどね。

舘野 この1点でCAMISAイケると思ったら、関さんと石山さんのコンビで同点に追いつかれます。まああの辺のしぶとさがあるゴールハンターは本当に相手としては嫌ですね。

青山 ほんとIQが高いというか、見えない所から入って来て、焦らずに丁寧に決める。

舘野 いやーホントいい意味でやらしいというか、関さんと石山さんのコンビは何事もなかったように得点を決めていきますよね。その後、試合が荒れましたけど、まあCAMISAは負けられないので、仕方がないですよね。

青山 ウチはそうですね。ただこっちが熱くなった分、向こうも同じ熱量で返してくれたので、良かったですけど、もし向こうが冷静に対処していたらこっちのイエローや反則カウントも増えていたかもしれません。だからほんと向こうには感謝しかないです。

舘野 そんなヒートアップする試合の中、残り時間1分14秒かな? 青山さんの劇的なミドルシュート。

青山 そうですね。自分で言うのは何ですけど、めちゃめちゃ奇麗に決まりました。

舘野 あれってアウトサイドに掛けたか感じですかね。

青山 いやインフロントですね。まあシーズンが始まってすぐくらいからディフェンスを挟んで、キーパーが見えない所にずらしてシュートを練習していたので、最終節でやっと入ってくれて良かったです。

舘野 いやー努力の賜物ですよ。そのまま4対3で勝利という事で。今回このような劇的な残留を決めたわけですけども、青山さんとしては今季の戦い方にどのような評価を付けれるのでしょうか?

青山 まあ正直、ネオ戦で点の取り合いになって、そういう戦い方でも勝てたのでイケるかなとは思ったんですけど、そこから勝てず。12節で美少年に勝って、それでもやばいなぁと。

舘野 振り返るとFUTUROに負けた時ってチーム状態はどんな感じだったのですか?

青山 あれがマジ最悪でした。今季のウチの特徴としてサンパチオ戦やFUTURO戦とか人数が少ない相手に対して、相手に合わせちゃって走り勝てない。逆にネオや美少年とか上位のチームに対しては勝つことができて、情熱とは敗れましたが1点差。だから点取る能力は上がっている分、なんか勝ち切れないのがもどかしいですね。ただ1部に残留したことは大きいので、来季から社会人としてプレーしますが、チームがより良くなるために勉強の一年だった。そんな評価です。点数は付けれないですね。

舘野 かしこまりました。では最後になりますが、今後の青山さんの目標ともしCAMISAに残っていただけるならば、(※来季もCAMISAでプレー予定です)今後のチームとしての目標で締めたいと思います。

青山 はい。個人としての目標は今季はリーグ戦では5点だったので、もう少しは取っていきたいです。チームとしては先程、相手に合わせちゃうという部分があったので、逆にそれは力としてはあると思うので、そういう部分を圧倒して大きい結果を出したい。そんな感じです。

(ありがとうございました)

文:舘野 秀行

写真:菊地 尚哉




« 一覧に戻る
イベント募集情報
mosh
PSU
サッカーフットサルユニフォームのFCゴレイロ
スポーツ合コンといえばベストパートナー
フットサルスタイル旧サイト
Futsal Baton Project フットサルバトンプロジェクト