東京都フットサル情報サイト Futsal Style(フットサルスタイル)

  • 運営団体
  • お問い合せ
  • facebook
  • twitter
フットサルスタイル

東京都フットサル情報

【東京都3部参入戦1回戦インタビュー】CURREN8番篠原 裕貴

[投稿日] 2020.4.1


CURREN 3-2 GRATES FUTSAL CLUB

2月2日(日)にフィスコフットサルサレナとしまえんで開催された東京都3部参入戦1回戦。2戦目では共に今季チームを発足し、ブロックリーグを勝ち上がってきたCURRENとGRATESが激突した。

試合は開始早々にCURRENが自陣からのロングパスを右前で受けた篠原の落としをゴール前で佐藤が押し込み、先制に成功するとGRATESも直後にゴール正面で受けた川村のシュートが決まってすぐさま同点に追いつく。実力伯仲と言えるどちらも譲らない試合展開が続くなか、前半終了間際にCURRENが佐藤のゴールで勝ち越しに成功し前半を2対1で折り返すと、後半では残り3分でGRATESが渡辺のミドルシュートが決まり土壇場で同点に追いつく。

PK戦にもつれ込みそうな流れだったが、CURRENは終了間際にカウンターから篠原が値千金の決勝点を決めてCURRENが接戦を制した。

試合後、CURREN篠原にインタビューを決行。チームのことやこの試合に関して話を聞いた。

折橋 お疲れさまでした。1回戦のGRATESに勝利おめでとうございます。チーム結成1年目で3部参入戦をまで勝ち上がってきてきたとのことなのですが、まずこのチームが結成された経緯というのを教えてください。

篠原 東北大学のフットサルサークルが母体になっていて、就職で東京に出てきた選手とその職場の友達とかその他の繋がりが集まって作ったチームです。

折橋 今回の相手、GRATESさんですが試合前に相手のプレーを見たりとか、スカウティングはされていたのでしょうか?

篠原 少し動画を見たくらいで、ほとんど未知のチームでした。

折橋 もともとは宮城県の公式リーグで戦っていた選手が多いのでしょうか?

篠原 そうですね。

折橋 1年間、東京都リーグでフットサルをしてきたなかで印象というのは?

篠原 まず、フットサルが盛んという印象です。3部に参入するためのオープンリーグにあれだけ多くのチームが集まって、勝ち上がらないと3部を戦えないということにびっくりしました。宮城では参入戦を少し戦えば2部に上がれるので。まずは1年で3部昇格をするという目標で1年戦ってきました。

折橋 ここまで勝ち上がってきましたが、チームの手ごたえというのは?

篠原 1年が意外と短くて、チームとして詰めなきゃいけないところを詰め切れていないというのが正直なところ。練習はぼちぼちやってきたので、それを信じてやるしかないという感じですね。

折橋 試合は開始早々にロングパスを右前で受けた篠原さんの落としを佐藤さんが決めて先制。1試合見ていて、シンプルなピヴォ当てから攻撃が戦い方の軸になっているように感じました。

篠原 チームは基本的には守備をベースにしているチームでボールを奪ってカウンター。もしくはシンプルにピヴォ当てをしています。

折橋 その守備では相手の時間帯もあったなかで、どのようなことを気を付けて守っていたのでしょうか?

篠原 エントリーリーグの戦いと同様で、我慢して守りながらも相手のミスを狙って、ボールを奪ったらとにかくゴールを狙いにいくことをチームとして共有しているのでそれ通りできたのかなと思います。

折橋 後半は終盤で同点に追いつかれるゴールで、メンタル的に落ちた部分もあったかと思いますが、その直後に篠原さんの勝ち越しゴールで勝負を決めました。

篠原 2対1でそのまま試合を終わらせられたら良かったのですが、追いつかれましたが2分ほど残っていたので、残された体力でやれることを自分はやってました。そうしたらチャンスが来て決められてよかったです。

折橋 決勝点ではチームの思惑通りのカウンターからゴレイロを左にかわして冷静に流し込みました。かわさずにゴール右を狙う選択肢もあったかのように感じましたが、あのゴールを振り返ってください。

篠原 確かにその選択肢もあったのですが自分はゴレイロをかわして、無人のゴールに流し込みたいタイプなので(笑)

折橋 最後にこれからの意気込みをお願いいたします。

篠原 ストレートで3部昇格することを目的に作られたチームなので、目標達成できるように頑張ります。

(ありがとうございました)




« 一覧に戻る
イベント募集情報
人気の記事
mosh
PSU
サッカーフットサルユニフォームのFCゴレイロ
スポーツ合コンといえばベストパートナー
フットサルスタイル旧サイト
Futsal Baton Project フットサルバトンプロジェクト